FOR えたーなる・ろまんす

永遠に褒めあい、尊敬しあい、仲良しこよしの夫婦であるために&姫二人の育児日誌


テーマ:
ゆうべ、ダンナさまのお母さんから電話がありました。

「今度の日曜日(ダンナさま実家への移動の日)、楽しみにしているからね。」という内容でした。

その話の延長で・・・・ご近所の方に、「お嫁さんがこっちで産んでくれることになった」という話をした時のことを話してくれました。

「普通はお嫁さんの実家で産むのに、めずらしいね」、と言われたお母さん、「むこうのお母さん(私の実家母のこと)も寂しがっているみたいだけれど、(ダンナさまの名前)が立ち会いしたいみたいで、そうなるとこっちの方が近いからねえ・・・・云々」と答えたんだとか。

そしたら、その近所のおばちゃんが、「ちゃんもガンコだねえ。」とコメントしたんだと。

お母さん、内心、それは違う、と思ったとのことですが、私や、私の実家に何か里帰りできない事情でもあるのかとか、余計なところで勘ぐられたりするのも嫌だからと、あえて何も言わなかったんだということでした。

それで、私にも、「がガンコだからこっちで産むっていうことになってるから、azumincleちゃんも、何か言われたらそう答えておけばいいからね。」とさらっと言っていました。

「そんなことないのにねー。」と言う私に、「そうだよね、あんないい息子なのにねえ。」と言いながらも、私や私の実家のことを気遣ってくださるお母さんの心の広さに頭が下がりました。

たしかにダンナさまは芯が強くて、ガンコなところはガンコなんだけれど(超ソフトな見かけとは裏腹に)、それとこれとは全くつながらないことです。

では、なぜダンナさま実家か・・・・。

細かい理由を挙げればいろいろあるのですが(私の実家は今おばあちゃんの介護でてんやわんやだったり・・・など)、私の根底にあるのは、やっぱりヨメに行った以上、自分の親よりダンナさまの親にまず孝行したい、という思いです。

そりゃ、自分の実家の方が、なんだかんだ言っても、わがままや、「今までのやり方」というのが通用するので、楽ではあります。

実際、実家の両親からも、「こっちに帰ってくればいいのに・・・・もう一回考え直したら?」と言われたりもしました。

でも、産んだ後年末年始はゆっくり実家で過ごすから、という約束で、今回は“そういうこと”にしました。

ちょっと実家の親にはガマンしてもらうような形になりますが、その分、ダンナさまが普段、私の実家にはがきを書いてくれたり、父とのメールをやりとりしてくれたり、と尽くしてくれているので、実家の両親も今では「さん、お世話になるけどよろしくねー。」なんて言いながらあっけらかんとしています。

ありがたいことです。
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
餃子の記事に、「感想を聞かせて」などなどのコメントをいただいたので、作成後にもう一回餃子記事アップですニコニコ

今日は(も)、ダンナさまのお帰りが遅い日で、一人で先に夕飯を食べたので、まだダンナさまの感想は聞けていないですが・・・・我ながらおいしくできました!(相変わらずオメデタイ私です。)

餃子の中身は、キャベツ、ニラ、長ネギ、ニンニク、ショウガ、そして挽肉、という超オーソドックスなものです。

しかも、ニラ以外はフードプロセッサーを利用したので、あっという間にネタができあがり、夕方のニュース見ながら包み・・・・という手抜き作業でした。

でも、時間かければいいというものではないから、これでOKですよね。

       ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇             ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇                        

それから、ダンナさまのお料理について、ちょっとフォローをしておきます。

「逆単身赴任」の記事だけ読むと、ほんとにダンナさまは何も料理できないような印象を持たれてしまうかもしれませんが、時間さえかければ、かなりなお料理を作り上げるダンナさまなんです。

白菜とコンビーフの重ね煮とか、おなじみのレバニラとか、あと、中華関係もけっこう上手です。

ただ、とにかく時間がかかるんですよね(レシピを見ながら、それに忠実に、一つ一つ作業するタイプなので。典型的なA型?!)。

帰りが夜中の12時を廻ることもあるダンナさまが、帰宅してから料理をするとなると、どうしてもすぐできる麺類系になってしまう、というのは無理からぬことなのです。

それで、私がいないときは、おそばをゆでるだけ、とか、冷凍食品をチンするだけ、というふうにならざるを得ないという現実があるのです。

あと、もう一つ、ダンナさまが普段料理をしない理由を挙げるとすると・・・・私の料理がおいしいからですかね(なんちゃって!)。

土日とか、少々疲れている時とか、ダンナさまにお料理をお願いすることがたまにあるのですが、そんな時、「いいですけど・・・・でも、azumincleさんのお料理が食べたいなあ・・・・おいしいから・・・・」と甘えられると、ついつい、いい気になって無理してでも料理しちゃう私だったりしますべーっだ!

以上、ダンナさまの名誉回復のためのフォローでした(笑)。
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
昨日の夕方のニュースで、「浜松餃子」の特集をやっていました。

餃子と言えば宇都宮!と思っていたのですが、なかなかどうして、浜松餃子も奥が深く、こだわりがあるんだということを知りました。

香味系野菜のパンチの効いた餃子、夏バテ気味の体にもいいとリポーターもコメントしていたし、実際、スタミナつきそうでおいしそうだったので、視覚から刺激を受けた私は(影響受けやすい!)、早速今日の夕食は餃子にすることにしました。

ダンナさまへの夕食アンケート(今日の夕飯で食べたいもの、以下3つから選択のこと→①餃子、②肉じゃが、③ナスと挽肉のカレー)でも、餃子がいい、というお返事だったし。

それに、最近ダンナさまも「疲れがとれない・・・・ショック!」が口癖のようになっていて、今朝も、「ドリンク剤でも飲もうかなあ・・・・」とつぶやいており、これは元気つけてもらわなくちゃ、と思っているところで。

そしてさらに、餃子だったら、たくさん作って「逆単身赴任期間」用の冷凍食品にもしておけるし。

・・・・というわけで、これから餃子作りに取りかかります。
AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:
九月三日に、里帰り出産のため、ダンナさまの実家に移動することになりました。

週末は「通い婿」してくれる予定ですが、平日は、ダンナさまは一人でこちらのアパートでの生活になります。

つくばエクスプレスができたので、やろうと思えば、つくば←→東京を平日通うこともできそうなんですが、いかんせん、仕事柄夜遅くなるので、平日は「逆単身赴任」はまぬがれない状況です。

しかも、約2ヶ月(出産後もしばらくはダンナさま実家でお世話になるので)ばかりそういう状態が続くことになりそうです。

その期間のダンナさま、ちゃんと人間らしい生活ができるか、はなはだ心配です。

掃除関係は、普段からダンナさまのお仕事なので、この方面はいいのですが、料理・洗濯関係は・・・・・汗

ラーメンまず料理。

二段階以上の「加工」が必要な食材は、ダンナさまには手強い相手なので、切ればいいだけ、チンすればいいだけ、という「一段階の加工ですむ食材」だけを残して、今食材処理中です。

そして、今日スーパーに行ったら、冷凍食品半額セールをやっていたので、ちょっと仕入れてきました。

あと、カレーを一人分パックに入れて冷凍したり、トウモロコシをゆでて冷凍保存したり、ちょこちょこと準備中です。

晴れ次に洗濯関係。

基本的に、洗濯自体は、洗濯機に衣類と洗剤を入れてスイッチを押せばいいだけなので、そこまではダンナさまもよくできるのですが、「干して、乾いた後たたんでもとの位置に戻す、かつアイロンが必要なものはアイロンがけをする」という一連の作業がどうも難しいようです。

それで、以前、私がまとまった期間海外に行っていたときなど、ワイシャツのアイロンがけは一切せずに過ごしていたとか・・・・・。

さすがに、ノーアイロンやイージーアイロンのワイシャツも“てろてろ”になっていました・・・・・。

今回は、一週間分のワイシャツを、週末につくばまで持ってきてもらい、そこで洗濯・アイロンがけをしようかと策を練っているところです。

せめて仕事着くらいは、ぱりっと決めて欲しいから。

゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・

しかし、ダンナさまも、結婚前は一人暮らしをしていたわけだから、料理も洗濯も、それなりにやっていたはずなので、今もやればできるはずだと思うのですが・・・・やっぱり結婚すると妻に甘えて何もしなくなっちゃうものなんでしょうかねえ・・・・??

かく言う私も、ダンナさまと暮らし始めてからは、掃除関係はダンナさまに任せっきりのダメ妻やってますが(笑)。
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:
↓の記事に書いたように、多少日程が変更になりましたが、この土日、出産前は最後になるであろう、私の実家への帰省をしてきました。

そして、プレじじ&ばばに、「孫用品」をたんまり買ってもらいましたチョキ

うちの実家にとっては初孫になるので、「なんでも買ってやる状態」になっていた両親でした。

で、ベビーカーやおくるみなど、いろんなグッズを買ったわけですが、ちょうどデパートで夏の大抽選会をやっていて、そのデパートの抽選券を何枚かもらいました(買った額に応じた枚数がもらえる)。

これは運試しだ!ということで、まず私が3回ガラポン(?)をまわしました・・・が、結果は「参加賞」のアルミホイルとラップ・・・ガーン

次にダンナさまがまわしたところ、なんと一発目で一等賞が出ました!!賞品は、サイクロン掃除機!

「お腹の大きい人が一番運勢があるかと思ったけど・・・・すごいねー、ほんとに当たるんだね!!」と一番喜んでいたのがうちの母親でした。

ダンナさまも、ちょうど、古くなったうちの実家の掃除機を新しくしたいな、と思っていたとのこと。時にかなった一等賞でした。

・・・・そして、後日談。

今日の仕事の帰り、ダンナさま、お顔で鳥のフンをキャッチしたそうです・・・・。

「いやあ、ウンがついてますねーショック!。」と言いながら帰ってこられました。
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

テーマ:
細かいいきさつを話すと長くなるのでやめますが、ゆうべ、実家で母が精神的にパニック(介護うつや、もともとのヒステリーが高じたものや、いろんな要素がある・・・・)になったようで、今週末私の実家に帰省する(出産用品準備などのため)スケジュールが変更になったりして、私自身も気持ちが不安定になった一件がありました。

父からその旨の連絡があって、その電話をとったのがダンナさまだったということもあり、ダンナさまがスケジュールの変更などの諸々のことに対応してくれました。

その対応も、嫌な顔一つせず、しかも、「お母さんも、おばあちゃんの介護のこともあるし、抱えているものが多いから大変なんですよ。」とかえって母を擁護しながら、「またか・・・・いつまでこんなことが続くのか・・・・・」と、落ち込みそうになる私を励ましてくれました。

ああ、神様が選んでくれた人だからこうなんだなあ、とうまく言葉にはできませんでしたが、本当にダンナさまに、そしてこのダンナさまを私に派遣してくださった神様に感謝だなあ、と胸が熱くなりました。

そして、実家でいろいろなトラブルや問題があったとしても、それを受け止めてくれるダンナさま、なかなかこういう人はいないよなあ、と思いました。

というのも、私の親戚のある人は(遠縁だけれど)、結婚後、実家でのいろんなトラブルをご主人に話せずにいて、それがばれてしまったとき離婚云々、ということになったことがあったとかで、なおさらこういうダンナさまの姿勢が感謝なのです。

このダンナさまのためにも、私もいいヨメになれるようがんばらなくちゃな、と思います。

いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:

今の家に引っ越してきてから2年半近く経ちますが、部屋の模様替えって今までしたことありませんでした。


が、ジュニーちゃん仕様に、ベビーベットを置くスペースを作ったり、余計なものを捨てたりしないといけないね、ということで、ダンナさまと夜模様替えをしました。


2年分のほこりやらカビやらは、なかなか手ごわいものがありましたガーン


私が雑巾がけをし、ダンナさまがカラーボックスetcを動かしたり、電話の配線コードを張り替えたりし、大移動でしたが、それでも1時間ちょっとで完了しました。


やっぱり新しい命をお迎えするというのは、環境も、そして心もきちんとそなえていないといけないな、と思わされました。


二人だけの(いいかげんな?)生活のままじゃダメですね・・・・・。

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

ダンナさまが、この記事を教えてくれました。


「自分を映し出す鏡!?」というところにドキッとしながら見てみました・・・・。


自分を映し出す鏡!?結婚後、旦那が変わった部分は?

 誰にでも優しい人だと思って結婚してみたら、単に優柔不断なだけだった。代わりに私がしっかりしなくちゃ! ……などなど、恋人時代と結婚後のギャップを感じている女性は多い。結婚前と後で、男はどんな風に変わってしまうのだろうか。そんな疑問に答えるべく、ORICON STYLEでは既婚女性を対象に『結婚後、相手(夫)が変わった部分』をリサーチしてみた。
 見る目がシビアな女性たちは、いったいどんな回答を寄せたのか。↓

http://mariage.oricon.co.jp/news/20060801_02.html

 せられた回答で多かったのは、【外見の変化】に対する不満の声だ。特に体型については厳しい意見が並ぶ。「結婚してから太 女性特有の回答として目立ったのが、【変わらない】というもの。「結婚前と今と本当に変わらず、今でも仲良くいられています」(北海道/30代)といった、羨ましい家庭を築いている方も、意外に多いようだ。

(以下省略)


「旦那が変わったところ」だけでなく、「妻が変わったところ」というアンケート結果もあり、ダンナさまと、私たちはどうなんだろう・・・と言いながら結果一覧表を見ました。


外見の変化・・・・たしかにこれは否めない。


ダンナさま、少々カンロクがお付きになった・・・・(自他共に認めざるを得ない状況・・・・・)。


かく言う私も、昔からそんなに“美”にこだわる人間ではなかったけれど、やっぱり「オンナ捨ててます」状態になることも多くなったような・・・・。


まあ、結婚前のような、「時間限定」のおつきあいじゃなくて、朝から晩まで(寝起きの顔から、トイレなどの生理現象も含め・・・・)隠せない生活感あふれる中での結婚生活だから、いつまでもネコにゃーかぶっていられないですものね。


・・・・・と開き直ってもいけないな。


やっぱり結婚しても変わってはいけない部分ってあると思うし、新鮮さを常に持ち続けられる努力も必要ですね。

いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

テーマ:
産休に入らせてもらってから2日目・・・・こんなに時間がゆっくり過ぎていっていいんだろうか、と、早くも「暇宣言」しちゃいそうです(笑)。

この2日は、ジュニーちゃんの健診に行ったり、歯医者さん(最後の仕上げ)に行ったりしていたものの、それでも、家事にそれほど時間がかかるわけでもないので(掃除関係はダンナさまがしてくれているし・・・・)、午後1時間ほどのお昼寝もできちゃう!

こんな時間の使い方、贅沢だなあ、と思いながらも、でも、やっぱり私には、今までの、「時間が足りないくらい」の生活が合っているのかな、と思ってしまう・・・・・。

活動していないと気が済まないタイプの私には、産休は実は必要なかったりして?!・・・・なーんて、二日目にして専業主婦敗北宣言」をしそうな私でした汗

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
今日は、里帰り先でない病院(今まで通ってたところ)での、最後の健診でした。

なかなか恥ずかしがり屋さんで、お顔をしっかり見せてくれなかったジュニーちゃんでしたが、今日は久しぶりにかわゆいお顔を写真におさめることができました。

目や唇はもちろん、鼻の穴までしっかり見えて、顔つきもふっくらしてきて、今までのような“宇宙人”ではなくて、人間っぽく、赤ちゃんぽくなってきているのに感動しました。

そのふっくら感がなんともかわいくて、ジュニーちゃん、美人ねーラブラブと思ってしまいました。

今日は、例によって例のごとく、エコーのビデオを撮ってもらったんですが、転院先では、写真のみでビデオはないので、「さびしくなるね・・・・・」と私がジュニーちゃんに話しかけてたら、ダンナさまが、「大丈夫だよね、もうすぐ白黒じゃないジュニーちゃんに会えるんだもんね。」と言っていました。

たしかに。あと1ヶ月ちょっとでご対面予定になりました。(予定日10月6日ですケーキ
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。