10月12日(木)「わたしの未来をつくる」第二回レポート | シェアスクールスペース 東京・国立「リトマス」、西東京市・田無「Ripple NishiTokyo」

シェアスクールスペース 東京・国立「リトマス」、西東京市・田無「Ripple NishiTokyo」

東京・国立駅南口近く「シェアスクールスペースと仕事の教室・リトマス」と
西東京市・田無駅南口「Ripple NishiTokyo」を運営しております。


テーマ:

CBすぎなみプラス主催「わたしの未来をつくる」~起業の種を見つけて育てるワークショップ~

第二回目が10月12日(木)、リトマスで開催されました。

(第一回目の様子のレポートはこちら。)

 

第二回目のテーマは「自分の軸をづくり」

自分にはどんな価値があるのか?どんな武器があるのか?

自分らしい働き方や生き方ってなんだろう?

 

講座の最初は第一回目と同じくアイスブレーキングからスタート。

軽いゲームで笑みもでてきたところで、

 

リトマスの東 希視子と ワークショップデザイナー 井上晶夫 氏

ひとりひとりの現在起業に至るまでの話をしていただきました。

 

東からは起業するまでのもやもやしていたころや、がむしゃらに動いていたころから現在、そして更にこの先へ続く話について。

「主婦だから家事を完璧にしなきゃいけない」

「親の介護をしなきゃいけない」という思いで心がしんどくなっていた昔よりも

自分の人生を楽しく暮らしている今の自分のほうが楽しいし

と、主婦の先輩としてのアドバイスもありました。

 

「そもそも僕は起業しているんですかね?」という話から始まった井上氏のヒストリー。

特に自分の「好き」なものがないままに、

大学選びをし、就職選びもせずフリーターを経験し、、

友人からの誘いで製作会社で編集の仕事をしはじめ、

現在はビジネススクールの講師やフィールドワークのファシリテーター、

パンフレットの編集会議の司会をしたりと仕事は多岐にわたります。

 

「やったことがないけど、やってみる。失敗するかもしれないけれども、失敗はしないぞ!とも思う」

初経験の蓄積が、今やっていることにつながっていることを伺い、

何事もチャレンジしてみることが大事なんだなと感じるお話でした。

 

休憩をはさみ、後半はワークショップ。

 

・ WILL (=これからやりたいこと、未来への目標)、

・ MUST (=自分の役割、求められていることしなければいけないこと)

・ CAN (=自分ができること)

と書かれた円形に、自分が当てはまる事柄をどんどん書いていき、

グループ内で一人ひとり何を書いたか発表します。

質疑応答後に聴いていた人は発表者がどんな人だったか、

応援したくなるポイントやキャッチフレーズを紙に書いて発表者にプレゼントします。

 

発表者が自分の好きなことを話していると、

自然と嬉しそうに微笑みながら生き生きと話しているよ、と聴いていた人が教えると、

「わたし、実は〇〇が好きだったんだ」と改めて気が付く瞬間も見受けられました。

プレゼントされたキャチフレーズと応援メッセージは

とてもあったかくて、受け取って読み返すと、

自分の気づかない一面を教えていただいたり、

「ちょっと私も頑張ろう」という背中を少し押された気持ちになりました。

 

「起業」とは実はそんなに大げさなものではなく、

自分の好きなことや自分が幸せに思えるようなことを

楽しみながらチャレンジすることであり、

そしてそれをやり続けることなのかもしれないな、と思いました。

 

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

 

次回、11月2日(木)開催

第三回のテーマは「ビジネスモデルキャンパスを描く」です。

 

たとえば起業した時に、あなたの商品はなんでしょう。

買ってくれるお客様は誰でしょう。

仕事を立ち上げるときに必要なビジネスモデルをみんなで組み立てていきます。

難しそうなイメージがあるかもしれませんが、

皆さんと一緒に作業をするので、簡単にかけたりします。

 

あなたに似合う仕事がもしかしたら見つかるヒントになるかもしれませんね。

 

第三回目から講座に参加したい方のお申し込みはこちらからお願いします。

 

(くぼ かずこ)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シェアスクールスペース 東京・国立市「リトマス」、西東京市・田無「Ripple NishiTokyo」さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス