福生市「子育てを応援!ワンデイカフェをプロデュース」レポート | シェアスクールスペース 東京・国立「リトマス」、西東京市・田無「Ripple NishiTokyo」

シェアスクールスペース 東京・国立「リトマス」、西東京市・田無「Ripple NishiTokyo」

東京・国立駅南口近く「シェアスクールスペースと仕事の教室・リトマス」と
西東京市・田無駅南口「Ripple NishiTokyo」を運営しております。


テーマ:

昨年に引き続き、福生市で講師をやらせていただくことになりました。
今回は「ワンデイカフェ」「子育て情報誌」という2つのお題があり、参加者の皆さんで2月のゴールを目指して作り上げるというもの。立派な公民館施設がある福生市ならではの講座です。15回の講座のうち、5回を担当させていただきます。
担当の1回目、スタッフの萩野が同行してレポートしてくれました。

*****************
11月20日(金)、福生市公民館主催・保育室併設講座「子育てを応援!ワンデイカフェをプロデュースの講師を東がつとめました。
第4回目「再チャレンジ体験談、事業計画について」に随行いたしました。

全15回の連続講座で、福生わいわいキッチンさんも講師としていらっしゃり、ワンデイカフェのオープンに向け、コンセプトを決めたりメニューを決めたりします。
同時進行で子育て情報誌も作成し、配布します。

保育付きの講座のため、受講者は1歳前後のお子さんがいる若いママさん。
「主婦のためのおしごとセミナー」や「教室のお仕事パーフェクト講座」のように、今すぐ起業を考えていたり、すでに講座を開いていたりする方ではありません。
最初は少し難しい内容かなと思いながら受講されている感じでした。
  自信をつけよう!
  あなたの夢をしごとにしよう。
  主婦はマルチプレイヤー。子育ては経験。
東の体験や言葉が心に響き、講座が進むにつれ皆さん引き込まれています。

事業計画作成ワークも行いました。
経営理念だとか事業コンセプトだとか難しい言葉が並んでいるように思われますが、『誰でも』に向かってではなく『誰』に向かって情報発信するのか、ターゲットを具体的にすると考えやすいです。
書くということは大事で、それによって見えてくることがあります。

質問を挟んで、情報誌に載せる内容について考えました。
皆さん積極的に発言をし、素晴らしいと思いました。

2月14日のカフェが楽しみですね♪

(萩野玲渚)

シェアスクールスペース 東京・国立市「リトマス」、西東京市・田無「Ripple NishiTokyo」さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ