こんにちは。ホームページ事業部の鈴木です。

 

アズマ工業では「フィッシュ哲学」を取り入れた活動を行っています。
フィッシュ哲学とは、アメリカのパイクプレイス魚市場をモデルにした職場活性化のための人材マネジメント手法です。

 

「仕事を楽しむ」「相手を喜ばせる」「相手に向き合う」「態度を選ぶ」という4つの行動原理により構成されていますが、 アズマ工業でも導入し実践している「態度を決める」…仕事に取り組む態度を明るくポジティブなものにするための社内ポスターについてご紹介します。

 

まず、約2ヶ月に1度、良いと思った言葉や感動した言葉を社内で募集します。
その後、応募された言葉の中から各社員が1票投票し、得票数上位3つまでの言葉がそれぞれポスターとして制作され、社内の目に留まりやすい場所に掲示されます。
ハッとするようなものからクスッとくるものまで、毎回ポスターは社内の担当委員がデザインし、制作しています。

 

私も応募のため励まされるフレーズを思い返したり探したりしているのですが、まとまったシンプルなフレーズとなるとかなり難しく、なかなか応募できていません。

 

毎回、社員の応募した言葉を見ては新しい言葉や応募した社員の新たな一面に触れたり、更新されるポスターのデザインに気持ちを楽にしてもらったりして楽しんでいます。

 

大掛かりではなくても刺激し合える活動は大事だなと思います。 私ももう少しアンテナを高く張っていいフレーズをキャッチし、応募できるよう頑張りたいと思います。