ウェルカメクリーン作戦

テーマ:

こんにちは。ホームページ事業部の斉藤です。

先週の日曜日、5歳の愛娘と一緒に
浜松市主催「 ウェルカメクリーン作戦 」という活動にアズマ工業から参加しました。

ここ浜松市の遠州灘、中田島海岸は絶滅危惧種アカウミガメの産卵場所として知られています。日本でも有数なアカウミガメの産卵に適した砂浜であり、学術上の価値も高く評価されています。このためアカウミガメ及びその産卵地が、浜松市指定文化財(天然記念物)に指定されています。

このアカウミガメが安全に産卵できる砂浜を確保するために行う砂浜清掃の活動が
「 ウェルカメクリーン作戦 」です。






朝9時から配布されたゴミ袋を片手に、砂浜に落ちているお菓子の袋や危険物などを
1時間かけて拾いました。




小雨まじりの天候でしたが、朝の浜辺は気持ちよく5歳の愛娘も
「 これは燃えるゴミ? 」と聞きながら砂浜にあるゴミを拾ってくれました。



毎年150体前後のアカウミガメが、5月下旬から8月下旬にかけて遠州灘の砂浜に産卵にやって来ます。
今年も「 ウェルカメクリーン作戦 」できれいになった海岸でたくさんのアカウミガメ達が
無事産卵、ふ化できるよう願っています。