花粉症

テーマ:

こんにちは。ホームページ事業部の斉藤です。

3月に入り、暖かいと感じる日が多くなりましたね。
ここ浜松では梅の花が見頃をむかえています。

植物が活発になるにつれ
花粉症に悩んでいる方も多くいらっしゃるのではないでしょうか?

本日は花粉症を悪化させてしまう5つの生活習慣を紹介します。

1 睡眠不足はNG、規則正しい生活を!

睡眠が足りてないと免疫やホルモンのバランスを崩しやすくなり、
花粉症の症状を悪化させる原因になってしまうことがあります。

2 ストレスの溜め込みは、花粉症の大敵!

ストレスは自律神経を狂わせたり、免疫のバランスを崩すと言われています。
免疫のバランスが崩れると、ちょっとの花粉に対しても過剰に反応してしまう場合があります。

3 アルコールの飲みすぎに注意!

お酒は血管を拡張させてしまい、鼻づまりや目の充血などの症状を起こしやすくしてしまいます。

4 喫煙はもちろん、喫煙している人に近寄るのも注意!

タバコの煙は、鼻の粘膜を直接刺激し、鼻づまりを悪化させる原因になります。
喫煙者はタバコの煙で自身に悪影響を及ぼしますが、
タバコを吸わない人も喫煙者の煙によって刺激を受けてしまいます。

5 運動不足

運動不足により体力が低下すると免疫のバランスが崩れることにつながる可能性もあり、
結果的に花粉症が悪化してしまうことも懸念されます。 


いかかでしたか?
生活習慣を変えることで、少しでも花粉症が軽くなればと思います。

あまりにも酷い場合は、
我慢せずにきちんと病院に行って自分に合った治療を受けることをオススメします。