こんにちは

あずまかなこです
 
ウェブ記事でアクセス数を稼ぐには、タイトルが最も重要!
実はタイトルにも流行があります。
 
というわけで私のTwitter(@azumakanako)では、最新ニュースのタイトルをほぼ毎日分析中!
ハッシュタグ「#タイトル職人」でまとめていて、
ウェブライティングに関わるみなさんに好評頂いています。
 
今回は、その中から気になる記事タイトル4つをピックアップして、ヒットの法則を探ります。
 
 
◆1.
<平昌五輪>メダル授与式、なぜ別会場で?
(毎日新聞)
 
解説
テレビを見ていて素朴な疑問を記事にする。
ライターが疑問に思ったことは、世間が疑問に思ってること。
自分の「なんでだろ?」の感性を大事にするのがPVアップへのカギです。
そしてそれをタイトルにも載せましょう。
 
 
◆2.
カーリング女子はモテの教科書!? 見習いたい5ケ条
(女子SPA)
 
解説
時事ネタに合わせた恋愛コラムは鉄板。
まだまだオリンピックネタは引っ張れそうです。
特に、今はそだね〜女子がPV取るぞ急げー!という感じで
 
 
◆3.
8億人が失業するAI時代の「安全な職種」「危険な職種」 勝間和代が「テクノロジー失業」を解説
(キャリコネニュース)
 
解説
いつも言っていますが、タイトルに数字を入れると目を引きます。
特に「8億人」みたいな、大きな数字だとインパクト大ですね!
 
 
◆4.
コンビニの店員さんを好きになった…!恋を成就する5つのポイント
(モデルプレス)
 
解説
コンビニ店員を好きになるという、シチュエーションの絞り方が秀逸。
これくらいの細かさだと、検索数もがっちり取れそうで良いですよね。
また、コンビニの店員に「さん」を付けるあたりも、何気に読者の年齢層絞って来てるなと思います。
おそらくターゲットは高校生~女子大生あたりか。OLになると「さん付け」する人は減って来そうなので。
 
 
ビビッとくるタイトルはありましたか?
次回もお楽しみに〜
 
最新のタイトルはここからチェック! 

#タイトル職人

出発進行!
東香名子
 
 
<お知らせ>
毎月第2水曜日にセミナーを開催しています。
「Web連載・メディア連載で1位になれる「文章」セミナー」
詳細・お申し込みこちら→ http://creators-house.jp/1863.html
 
 

100倍クリックされる 超Webライティング実践テク60

新品価格
¥1,512から
(2017/3/29 10:22時点)