黒豆ダイエットがやたらと注目されている昨今です。

大豆の一種である黒豆にはアントシアニンなどの成分が含まれ、それらが脂肪の吸収を抑制してくれると言うことです。

ですから食事と一緒に、黒豆煮汁や黒豆茶を摂取することが進められています。


一方、大豆とは字が反対の小豆ですが、これもダイエットのパワーを秘めています。


【送料無料】21年産、肥沃な大地が生んだ貴重な十勝産小豆(あずき)1kg〔通称:赤いダイヤ


小豆は、漢方でもむくみ改善に役立つ食べ物として昔から使われてきました。

つまり、水ぶくれ系の肥満体質の方や、お正月や年度替わりの暴飲暴食で浮腫んでいる方々の症状を軽減するのに優れていると言われます。


具体的には何がいいのでしょうか?

1.小豆には植物性タンパク質が豊富に含まれています。

栄養状態が悪かったり、肝臓の機能が落ちてくると、血液中のタンパク質濃度が低くなります。

血液中のたんぱく質は、水分を血管の中に留めておく働きがあり、これの濃度が下がってくるとむくみやすくなります。

明らかな低タンパク血症になると、細胞の外へ水分が移動する症状は、むくむどころか腹水などになって表れてきます。


アフリカの飢饉の子どもたちが身体はガリガリなのにお腹は腹水でポーンと出ていたりしますよね。

腎臓病や肝臓病も、低タンパク血症からむくみますから、あれと同じ理屈です。

これは大変危険な状態です。


食べ物から摂取したたんぱく質はアミノ酸に分解されて吸収され、たんぱく質として再度合成されます。

小豆にはたくさんのたんぱく質がよいバランスで含まれていると言います。

身体が疲れてむくんでいるときの健康増進の上で最適の食べ物だと言うことが言えます。


小豆は、ダイエットでカロリー制限をしすぎたときにも効果的に体調を取り戻してくれる食べ物なのです。


努力しないで綺麗な身体

リバウンドを防ぐ方法

モデル体質獲得プログラム

安田美和のモデ痩せと他のダイエット商材との違い