赤ちゃん連れフォトグラファーのAzusaです。 

ご覧いただきありがとうございます。 

 

 

投稿四百七十八回目は 

「【ありがとう、お母さん終】 

母の死が、私に教えようとしたことと、

残してくれたもの」 

について書きたいと思います。 

 

 

 

(初めてお越しの方は 

こちらの自己紹介をご覧いただけたら 

嬉しいです!)

 
 
 
 
 
 
 
海外で受け取った
 
 
突然の母の訃報
 
 
 
 
 
 

「これを逃せば
 
もう二度と
母に会うことは出来ない」
 
 
 

そう考えた私は
 
 
 
数日前に
キャンセルしたばかりだった
日本行きを
 
 

3人娘たちと共に
決行することに。
 
 
 
 
 
 
 
 
叔父や刑事さんに
止められながらも
 
 
母との最後の対面を果たし

 
 
 
そして
 
 

30年間
悩み苦しんで来た
 
母との関係を
 
 
最後に真正面から見つめ直して
 
 
 
 
迎えたお別れの瞬間に
 
 
 
 
 
ようやく
 
 
心から母を赦し
 
「もう感謝しかない」
と感じることが出来た私は
 

 
 
 
 
今回の日本行きの
最後の目的
 
 
 
「一体母に何が起こったのか」
を知る
べく

 
 
 
不可解な出来事の
真相を探っていく
のでした。
 
 

 

「【ありがとう、お母さん①】

海外で受け取った、元気だったはずの母の、突然の訃報」 

 

 

「【ありがとう、お母さん②】 

30年間、向き合い続けた母への思いと、母との最後の会話」 

 

 

「【ありがとう、お母さん③】 

母との別れの時、母を前にして、私の中に湧いた懺悔と感謝」

 
 
 
 
 
 
 
 
私が
母の訃報をラオスで聞いた時に

 
 
涙が出なかった理由として
 
 
 
 
 
 
ある程度の覚悟を持って
連絡を受け取ったこと

 
 
実感がまだ十分に
湧いていなかったこと
 
 
 
「長女なのだから」
という気持ちが働いたこと

 
 
そして
 
 
 
母に対して
複雑な思いを抱えていたこと
 

 
の4つについて
 
 
 
これまで言及してきたのですが
 
 
 
 
 

実はもう1つ
 
 
大きな理由がありました。
 

 
 
 
 
 
それは
 
 
 
母に対する
 
「怒り」の気持ちでした。

 
 
 
 
 
 
これは
 
前々回の投稿で書いていた
 
 
「もうタイに来ないで」
お願いしていたにも関わらず

 
 
独断で
再びタイにやって来たことに対する
ものではなく
 
 
 
 
 

「死を選んだこと」
 
 
 
 
に対するものでした。
 
 
 
 
 
 
 
 
母は精神疾患こそ

 
10年以上に渡って
持っていたものの

 
 
 
 
命に関わるような病を
患っている
 
 
といったことは
 
 
 
聞いたことがありませんでした
 
 
 
 
 
 

それどころか
 
 
上記の通り
 
 
 
娘の反対を押し切ってまで
単身タイに来てしまう程
 
 
元気だったはずなのです。
 
 
 
 
 
 
 

そんな
 
 
身勝手と思えた母への行動に
怒りを滲ませていた私の
 
 
母との最後のやりとりは

 
 
 
 
「母を傷付けるようなものだった
かもしれない」
 
と感じていた私は

 
 
 
 
 
「もしかしたら母は
自ら命を絶ったのかもしれない」
 
 
 
と咄嗟に
考えてしまったのです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
育ての父に虐げられ
 
母に虐げられ
 
 
 
人とのコミュニケーションも
上手くいかなくなっていた
 
幼い頃の私は
 
 
学校でも孤立し
 
 
 
 
毎日に絶望していました。
 
 
 
 
 
 

しかしそれでも
 
決して
 
死だけは
選びませんでした
 
 
 
 
 
 
その頃は
 
 
 
「生きていれば
必ず良いことがある」
 
なんて思えていた訳では
無かったけれども
 
 
 
 

「誰かに振り回されて
自分の命を無駄にしてたまるか」

 
 
そう自分を奮い立たせながら
 
 
 
一日一日を
生き延びていました
 

 
 
 
 
 
 
それ故に
 
 
 
自ら死を選ぶなんてことは
 
 
 
いくら
心の病を抱えていたとしても
 
 
 
私には
許すことは出来なかったのです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
そうした思いを抱えながら
 
日本に飛んで来て
 
 
 
 

 
火葬や納骨と並行しながら

 
 
叔父や妹や刑事さんと
話をして
 
 
真実に辿り着こうともがき
 
 
 
 
 
最終的に
私が導いた結論は
 
 
 
 

母は
最期の瞬間まで
 
精一杯生きようとしていた

 
 
 
というものでした。
 
 
 
 
 
 
 

私は
 
 

「自分が早合点をしていた」と
 
認めざるを得ませんでした
 
 
 
 
 
 
 
そして
 
 
自分が如何に歪んだ視点で
母を見ていたかを自覚し

 
そんな自分を恥じました。
 
 
 
 
 
 
 
 
母が亡くなったことを受けて

 
 
生前の母を知る
何人もの友人が
 
 
母を「素敵な人だった」
 
 
と言ってくれました。
 
 
 
 
 
 
 
本来ならば
 
 
娘である自分が
 
一番そうした部分を
見てあげるべきだったのに。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
母は最後に
 
 
そうした私の
偏ったものの見方に
 
気付かせてくれた
 
 
のかもしれません。
 
 
 
 
 
 

 
 
 
そして
 
 
母の荷物を整理している時に
 
 
 
 
 
私は更なる
 
 
「私の知らなかった母」
について
 
 
 
知ることになったのです。
 
 
 
 
 
 
 
それは
 
 
 
母のかかりつけの
病院の名が記された
 
 
血液検査の結果の用紙を
見ていた時のこと。
 
 
 
 
 
 
 
そこには
 
 
 
母の肝臓が
もうかなり悪かったことを示す

 
いくつものデータが残っていた
のです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
母は
 
大が付くほどの
お酒好き

 
 
 
 
そうでなくても
 
 
精神疾患のため
 
もう10年以上に渡り
薬を服用し続けている
ので
 
 
 

 
ある程度
肝機能が障害されていることは
 
想定の範囲だったのですが
 
 
 
 
 
 

その結果は
 
 
 
私の予想を
大幅に上回るもの
でした。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
もちろん
 
 
血液検査だけで判断するのは
早計だと承知の上で
 
 

その値から考察出来たのは
 
 
 
 
 
 
 
アルコール性肝炎が進行し

肝硬変に移行していた
のではないか
 

 
ということ。

 
 
 
 
 
 
どれくらい進行していたかは
定かでは無いものの
 
 

 
そうなると
 
 
 
食道胃静脈瘤の破裂といった
 
 
 
最悪の事態を招くようなことが
起こらなかった
 
 
とは言い切れないのです。
 
 
 
 
 
 
 
 
これまで
 
 
 
妹や私が
 
母の肝臓のことについて
聞かされたことは
 
 
一度もありませんでした
 
 
 
 
 
 
 
 
言えば
 
私たちに飲酒を止められる
と考えたのかもしれませんし
 
 
 
 
ずっと飲んで来て
それでも自覚症状が無かったのだから
大丈夫だと
 
考えていたのかもしれません。
 
 
 
 
 
 
 
 

これまで何度か
 

 
母も高値を示していた
肝臓に特異性のある腫瘍マーカーが
 
基準値を超えているにも関わらず

 

 

「【肝臓がん疑惑】に一念発起し、

1ヶ月の摂生で

腫瘍マーカーAFP基準値内を目指す。」

 
 
 
 
 
「自分だけは大丈夫」
 
という無駄な自信を持ちながら
 
 
 
 

量こそ多くは無いものの
 
 
 
惰性で
プルタブを引いてしまうことも多かった

 
私にとっては
 
 
 
 
 
これは
かなり身につまされること
 
 
 
 
 
 
母は最後に
 
 
そうした私の過信を砕き
 
 
健康にもっと気遣うべきだと
教えてくれた
 
 
のかもしれません。
 
 
 
 
 
 
 
 
ここまで
 
 
母が
 
 
 
まだまだ
自分の物差しで
物事を判断してしまう自分
 
 
健康のかけがえのなさ
 
 
について
 
 
 
教えてくれたのではないか
 
 
ということを書いて来ましたが
 
 
 
 
 

そんな母が
 
 
私に残してくれたもの
があります。
 
 
 
 
 
 
 
それが
 
 
7年越しの
妹との絆の復活
 
 
 
 
 
 
 
今回のことが無ければ
おそらく私は
 
 
 
今でも意地を張ったまま
 
 
妹との関係を修復出来ては
いなかった
と思います。

 
 
 
 
 
 
「誰かをずっと赦せないでいる」
 
 
そんな状態が
良くないことは
 
 
百も承知でも

 
 
 
 
それでも私には
 
 
 
この7年間
 
 
関係を取り戻す努力が
出来ずにいました。
 
 
 
 
 
 
しかし
 
 
一度歩み寄ってみれば
 
 
 
「何をそんなに
こだわっていたのだろう」

 
 
可笑しくなってしまうくらい
 
 
あっさりとしたもので

 
 
 
 
それに
 
 
母に起こった出来事をきっかけに
 
気付くことが出来たのです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 

以上のことは

 
 
 
今回
日本に来なければ

絶対に気付けなかった
 
 
もしくは
 
 
絶対に得られなかった
 
 
ということは
無かったかもしれませんが
 
 
 
 
 

日本に行ったからこそ
 
 
 
 
母と最後に
深く向き合うことが出来た
 
 
 
母に起こったことを
知るために
 
手を尽くせた
 
 
 
物理的な距離が無くなったことで
 
妹との心理的な距離も
無くすことが出来た
 
 
 
と思っています。
 
 
 
 
 
 
 

今回の出来事を
 
 
完全にポジティブに
変換出来るまでには

 
 
まだもう少し
時間がかかりそうですが
 
 
 
 
 

それでも
 
必ず前を見て進んでいくから
 
 
 

お母さん
 
空から見ていてね。
 
 
 
 
 
母と最後に行ったホアヒン旅行で、母が撮ってくれた写真
 
 
 
 
 

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。