脱皮の季節

腰が痛くて痛くて、超ヘコんでおりますガーン

 

それとは別にこんなことも。

 

私、もう10年以上も前から

掌蹠膿疱症(しょうせきほうのうしょう)

という皮膚の病気にかかっておりまして。

 

詳しい話はこのあたりからこのあたり

書いておりますが、原因不明で

悩んでたのが7~8年、診断がついたのが

ここ3年、という感じ。

 

いろいろつらいこともあったけど、

今はもう、いい意味であきらめもつき、

素直に数か月に一回受診して、

塗り薬をもらってせっせと患部に

塗っておりますニコニコ

 

で、この3年で「もしかして?」と

気づいたことがあるのです。

 

私の症状は幸いなことに

痛み・痒みというものはほとんど

ないのですが、それでも急激に

症状が悪化することがあるのです。

 

具体的には「皮膚がむちゃくちゃ剥ける」

なんですが、これって例えばちょっと

薬を塗るのをサボった、とかしばらく

病院に行ってない、とかいうタイミングで

出るわけでは決してないのです。

 

「あ、まただ滝汗」から始まり、せっせと

薬を塗っても改善するわけでもなく、

途方にくれているうちに、ある時すっと

症状がマシになる、という感じ。

 

そして今がまさにその時期で、

画像は自粛しますが、まぁこれが

ホントに「ヘビの脱皮」のような、いっそ

すがすがしいぐらいの有様で(笑)、

今でももう勝手に

 

「うん、これは新しい皮膚に生まれ変わって

いるところなんだ」

 

と思うことにしています(笑)

 

腰痛に続いてちょっと気が滅入ることでは

ありますけど、これもまぁ、いつかは

終わることですからニヤリ