ハノイの環境(大気汚染) | 魔女の日常(ハノイ⇒ホーチミン⇒本帰国)

魔女の日常(ハノイ⇒ホーチミン⇒本帰国)

2012年9月から2015年3月までベトナム首都
ハノイで、2015年4月から2016年10月までホーチミン市で暮らしていました。ベトナム情報は最新のものを確認してください。
日本の魔女、育児やうさぎのトトとの生活を気ままに書いてます。


テーマ:

ベトナムハノイに来て、噂では聞いていたけど排気ガスのすごさに驚かされました。

実際、バイク・車の通りが多い所では排気ガスで頭が痛くなります。

ベトナムは大気汚染部門で132ヶ国123位とワースト10に入っており、

水質部門では80位、全体の環境汚染では79位だそうです。


原因は増え続ける車やバイクからの排気ガス、工場からの有害物質によるものが深刻だそう。

WHOによると、ハノイでは一酸化炭素が基準の1.5倍、二酸化窒素が2.5倍・・・

ベトナムではマスクをしている人が多いですが、果たしてあの品質でどれだけ防げるのか・・・


WHOは今から9年前の2004年、ベトナムでは死者の4人に1人の死亡原因に環境汚染が関係していると発表していますが、現在の状況はこれよりもさらに悪化していると言われているそうです。


我が家では洗濯物は室内干し、窓もあまりあけません。

今日はハノイにめずらしく風が強めだったので部屋の窓を全部開けて空気の入れ替えをしました。

やっぱり気持ちいいですよね。

空気清浄器のフィルター掃除もしましたが、真っ黒でした・・・

日本の都内を歩いている時も排気ガス酷いと思っていましたが、それ以上です・・・


最近、日本では中国の「PM2.5」が話題になっていますが、ベトナムへの影響もすごいそう。

直径が人間の毛髪の太さの30分の1と細かいの為、肺の奥に留まりやすく、

通常のマスクでは効果がないそうですね。



ベトナムの人々は果たしてどれだけ環境問題について意識があるのでしょうか。

日本も昔は人々が環境問題を意識することはなかったですよね。

早く、日本をはじめ世界各国がこういった国の手助けをしてもらえればと思います。

ダウン写真は、ハノイ市内の我が家の近所の住宅街です。




魔女さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス