神戸のキャリアコンサルタント、「ばりキャリ」でも「ゆるキャリ」でもない、自分色のキャリア「わたしキャリア」を目指す女性を応援する虹しちみちようこです爆笑
 
受験までの道のり     
4月 内申点カウントスタート
      (中3 1学期〜3学期の実力テスト(1月)まで)
8月 公立高校 見学
10月 部活引退
11月 私立高校 見学
12月 私立高校 受験校確定
1月   公立高校 受験校確定
2月   私立高校 受験 合格
3月   公立高校 受験
 
長女の高校受験は、次女とはまた違うハラハラを味わいましたびっくり
一人目の子どもで初めての経験だったからということもありましたが、
それだけではなく、
高校生になれないんじゃないかと真剣に悩んだ時期もありましたゲロー
そんなこともあって、長女が私立の併願校に合格した時は、ホッとしすぎて本人を差し置いて号泣してしまうくらいでしたゲッソリ
 
先日、その話をしていたら、次女がこんなことを言い出しました。
「私の時は、なんで泣いてくれなかったの?ショボーン
それを聞いた長女は、言うのです。
「いや、私は問題簡単やったし余裕で受かったわと思ってたのに、ママに泣かれて複雑やったでーえー
 
次女の併願校の結果を待っている時も結果が心配ではありましたが、
「高校生になれないかも」と思うほど不安な気持ちにはなったことがなかったので、うるっとは来てもなくまでには至りませんでした。
でも、「泣かない=次女のことはあまり気にしていない」と感じてしまったようです。
 
長女については、
2年生の3学期に本人が「このままではマズイ」と気づいて勉強をし始めたので、
実は、3年生になってからの成績はそんなに悪くなかったのに、
1年生の頃のイメージが強すぎたために、
「高校生になれないかも」という不安が常にありました。
本人はそれなりに自信をつけ始めていたにも関わらず、私が過度に心配をしていたことで、密かにプライドが傷ついていたんだなと8年越しで初めて気づき、
申し訳ない気持ちになりましたショボーン
 
ないものなだり・・ガーン
ワタシにしてみれば、どちらのことも大切に大切に想っていますが、
親の思いは、伝わりづらいものなのだなと改めて思いました。
 
私立はともかく、公立は高い目標。
19日の発表の時には、うれし涙を流しているはずてへぺろ
次女の最大の目標が達成した時に、
「次女のことも心から心配してるよ」というのもちゃんと伝わるといいな爆  笑
 
受験当日、同じそわそわするなら、一緒にそわそわを楽しみませんか?
梅田にて「受験生を待つ母の集い」を開催いたします。
美味しいものを食べながら、いろんなお話をして過ごしましょう爆  笑
絶賛参加者募集中ですルンルン
詳細は、こちらをご参照くださいウインク   右矢印 受験生を待つ母の集い

 

育休復帰直前!! 勇気を持って、元気に復帰して欲しいから・・
3/22(木)10時〜12時に神戸元町にて
「育休復帰の覚悟を決めるワークショップ」を開催いたしますハート
参加費1500円。ただいまお申込受付中ですルンルン
詳細は、こちらをご参照くださいウインク   右矢印 復帰の覚悟を決めるワークショップ
 
よろしければ、こちら↓をポチっとお願いしますハート