こんにちは フラワー空間コーディネーターの田中あゆみですピンク薔薇赤薔薇

今月の季礼文字を描きました✨✨







突然ですが皆さんには『十三夜』の月を愛でる習慣はありますか??

『中秋の名月』や『十五夜』
という言葉には馴染みがあっても十三夜はご存知ない方もいらっしゃるかなと思っています。


因みに2019年の十三夜は10月11日です🌕

『十三夜』とは??

十五夜(新月から数えて15日目の月つまり満月のこと)は中国が発祥ですが、

十三夜は日本発祥の風習です。


延喜19年(919年)に、十五夜の宴に加え、9月13日の月夜を「十三夜」と呼び祝うようになったというのが、最初の記録として残されています。


しかし実は民間には、十三夜は十五夜よりもずっと広く普及していた風習でした。


なぜなら当時日本では、十三夜の月の出具合によって、翌年の作物の豊凶を占っていたためです。


そこに中国からの十五夜の風習がやってきて

庶民たちは、中国伝来の「美しい満月を観賞する風習」と違い、

「収穫を迎えた喜びと感謝、また農作物が豊作になること」を願い、十三夜の月を愛でていたのです。


十三夜は満月ではない


そもそも十三夜には、満月を見られることはありません。(新月から数えて13日目なので満月には2日足りない)


古来より日本人は、満月よりも少し欠けている月に、そこはかとない美しさを見出し、趣きを感じていたのですラブ


「月は満月よりも、幾分欠けているほうが風情がある」
清少納言の有名な唄も残っているほどニコニコ


「不足の美」「未完成の美」「余白の美」「引き算の美学」 という、『間』や『気』など目に見えない美しさを感じられる日本人独特の美的価値観によって、満月よりも少し欠けている十三夜の月のほうが美しいともいわれていました。


方見月


そしてそんな 十五夜と十三夜は

片方だけを見るのは 『方見月』と言われて縁起が悪いとされています。


江戸時代では十五夜の月と十三夜の月は同じ場所で見ると決まっていて

わざわざ同じ土地に戻ってみるのがめんどくさいから

この日に外出は避けた人もいたというくらい

大切にされていた行事の一つです。



さてそんな十三夜を迎える

2019年10月11日


十三夜の過ごし方


をご紹介します。


まずはお月様の見える位置にお供えものをします。


十五夜は里芋やさつまいも、十三日夜は栗や豆、十日夜は餅や米などをお供えします。

お月見でお供えものをするのは、収穫を感謝するお祭りの意味もあったからですね。

十三夜の時期の収穫は栗・枝豆なのでこれらをお供えしまします。


月見のお供というと「月見だんご」が思い浮かぶのでは?

十五夜には十五個、十三夜には十三個のお団子をお供えします。
お団子が苦手だという方は、お饅頭やお餅などでもいいようです。


ススキは十五夜というイメージですが、十三夜のお月見も飾ってみましょう。

すすきがあるとお月見の気分も盛り上がりますよね。

ススキは神様の依り代と考えられていて、稲穂が実る前のこの時期に、稲穂に似ているススキがお供えものに選ばれたといわれています。

ススキは魔除けとしても使われていたそうです。

今月はレッスンでもススキを使っています口笛

生徒様の作品です💮


こちらは季礼文字で

ススキと秋草を描いてみました🎑

10月のレッスンでお教えします😊✨


11日の十三夜にはお部屋にススキを飾り、

栗とおだんごをお供えしてゆっくり月を眺めてみてはいかがでしょう??

実は月光浴が季節の変わり目にぴったりなのは

科学的にも証明されていて

人間は月の光を浴びるとメラトニン(睡眠ホルモン)の生成を促し 質の良い睡眠へと導いてくれる作用があります。

季節の変わり目に月光浴をして

体調を整え心身共に健康で前向きでいようとする昔の日本人の知恵なのでしょう(^^)

そんな事に思いを馳せながら

お月見してみてはいかがでしょう満月

現代の私達の生活にも楽しく取り入れられたらいいですねニコニコ

季節文字、季節のお花レッスンについてはこちらから。

右矢印お問い合わせ💌


お気軽にご連絡下さいませ♡♡


それでは皆様ご機嫌よう月見キラキラ