栗城サンと第九

テーマ:
お久しぶりです。
フラワー空間コーディネーターの田中あゆみです☺️✨

昨日は久しぶりに東京オペラシティへ🎵


今回は登山家である栗城史多サンへ追悼の意を込めたコンサートでした。

生前エベレストに登る際にベートーヴェンの第九を聞いていた栗城サン。

今回もエベレスト登頂に8度め『単独無酸素』で臨んだ栗城サン。
還らぬ人となった今、故人を知る音楽家達によって美しいすぎる音楽が奏でられました。


会場には栗城サンが実際に愛用していたものや
彼の写真が展示されていました。




生前から彼の登山に対する取り組み方は
様々な物議を醸し、
鋭い批判やバッシングにもあっていた栗城サン。
そしてそれは死後もまた続きました。

私は登山に詳しくないし、その真偽については何も言えませんが、
コンサートに行って感じた事は
故人を知る人達全ての中に彼は
透明な目を持ち 爽やかな風を纏う
時に弱く しかし絶対に諦めない
挑戦し続ける 人間らしい青年として受け止められて
心から愛されていた事

彼がインタビューで語った
『批判への挑戦』
によって、多くの人(特に日本人)に希望を与えようと
チャレンジし続けた事は
変えようもない事実ということでした。

純粋で真っ直ぐなその想いと
彼の登った雪山の映像。彼の荒い呼吸
満点の星空…

そして美しすぎる音楽…

どの曲も本当に素晴らしかったです。
其々に込められた想いや情景が浮かんできて
鳥肌が立ちました。

遺された人達からの愛と
栗城サンの優しさに触れた気がしました。

人生をかけて何かを表現し
そしてチャレンジし続けること

純粋で真っ直ぐな想いの尊さ
自然の美しさ
音楽の素晴らしさを体現できた

美しすぎる時間でした。

今回こちらへ伺う機会を頂きました麓サン。
お招き頂き本当にありがとうございました。




栗城サン本当にありがとう。

そして御冥福を心よりお祈り申し上げます。


本日もステキな1日を 
ごきげんよう❣️❣️