祝迫くみ子さん。



3月31日。


きょうは金沢にある「エフエム石川」の人気人気人気パーソナリティ♪

明るさ・オモシロさ・笑い・おとぼけ・セクシー・知性・やさしさと柔軟さ

を兼ね備えたすてきなパーソナリティ祝迫くみ子さんの

人気番組「ナッティタイムズ」のオンエア最終回でした。


「祝迫」と書いて、「イワイサコ」と読む。本名。

「『祝いを迫る』と書きます!だから、ワッショイワッショイ!』

と言って、いつも周りのみんなを盛り上げててくれる明るく楽しい

パーソナリティでした。

別に過去の人になったわけではないが、

長い間続けてこられた「FM石川」の最後のオンエアでした。


ワタシはこの人のことを心から尊敬していて、

いつもの金沢片町界隈の女ばかりの飲み会トークにおいて、時々

やつの方が笑いを取って悔しい~という思いをするほど・・・、

(数えるほどですが)

とにかく、大好きで尊敬していました。


春から新しい道を歩み始めるという。


かつてA子達とM子さんやA城やK海の店で毎晩のように飲み歩い

て遊び、仕事も機会を作っては一緒にやって過ごしてきたこの人

は、私が石川テレビという局をやめて東京に飛び立ったとき

(まさに、小松空港から私が飛び立った時間に)

犀川の河川敷から空に浮かぶ小さな飛行機を眺めて初めて、

「涙が流れました」と、あとから手紙をくれた。

私もそれを読んで初めて泣いた。


ワタシは小松空港へ向かう出発の直前まで、サコに部屋の掃除を手伝ってもらい

時間ギリギリになりろくな別れもしないまま飛び立ったのだが、

イワイサコちゃんが一息つく間もなく行った取材先の犀川で、

ふと、ワタシの飛行機(たぶん見当違いな飛行機)を見ながら

涙したとか、、、そういうの言わない人なので、よけいに

じんんん・・・

と来たのを、いま、思い出した。。。


別れ。 あれは何かな、悲しいのかな、涙が出るね。

自分で決めたことなのにね。


きょうの最終回のオンエアを知らせてくれたA子、ありがとう。

サコちゃんがいなくなるとさびしくなるね。


でも、みんなそうやって大人になっていくんだよ。いくのかな。


きょうはそういう区切りの日だった。


祝迫くみ子さん、あなたは永遠のおもしろパーソナリティです。

私たちみんなが、ダイスキな笑い袋です。

ワタシの青春の1ページと、おもしろページ12頁ぐらいです。

あなたのおしゃべりはいつまでもどこまでも不滅です。


サコちゃん、今までおつかれさま。

それから、いっぱいありがとう^^

きょうはみんなとおいしいお酒が飲めているかな~。


これからも一つも変わらず応援していますよ。