わが国の社会的な用語は、里親等の家庭養護、難しい場合は施設の家庭的養護と個別化を図り、あたりまえの生活の保障を推進している。

 

 

 

 

社会的養護関係施設である、

乳児院、児童養護施設、児童心理治療施設、児童自立支援施設、母子生活支援施設では、

3年に1回以上の第三者評価を受けなければならない。

 

 

 

児童自立支援施設には、児童自立支援専門員と児童生活支援員を配置しなければならない。

 

 

 

里親の認定は、児童福祉審議会の意見を聴いて都道府県知事が行う。

 

 

 

 

里親の認定は、児童福祉審議会の意見を聴いて、都道府県知事が行う。

 

 

 

里親支援専門相談員は、乳児院と児童養護施設に配置することができる。

 

 

 

児童心理治療施設では、入所での利用と保護者のもとから通う通所の利用もある。

 

 

 

里親等委託率は、十数年間一貫して増加している。

 

 

 

2017年4月より、社会的養護自立支援事業が開始され、里親委託児等で対象のものは、必要に応じて22歳の年度末まで支援を受けられる。