20代 不妊治療〜多嚢胞性卵巣症候群からの体外受精

20代 不妊治療〜多嚢胞性卵巣症候群からの体外受精

22歳で結婚。生理不順をきっかけに不妊治療開始、多嚢胞性卵巣症候群と診断され、ラパロで一時的に解消。そして体外受精に挑戦して、無事妊娠!

Amebaでブログを始めよう!

テーマ:
5W3D


胎嚢確認の日


エコーで診てもらったら、


















あれ?

胎嚢見えない!
先生に言われなくても分かった。



急遽採血でHCGの値を調べ、




結果、90あったのが1に.....









妊娠継続できず。





流産?は
初めてのことなのでガックリ。





そして、次移植するなら、ラスト一個の2日目分割胚。


先生が言うには胚盤胞移植が合う人、分割胚移植が合う人がいるらしく、妊娠できる可能性はあるとのこと。

ちらっと、先生の口から「多核かぁ」と聞こえたような...
マイナスなことばかり考えてしまいます。

次は、胚盤胞じゃないのでかなり不安感じてます...










ここからは小言です。

今回の結果を旦那に話して、残ってる胚を移植していいを聞いて、今まで移植した胚と次に移植する胚の違い、確率を簡単に説明してたら、途中で

「難しくてよくわからん」



イラっとしてしまいました。


体外受精のことをよく知ろうともせず、任せっきり。
少しは調べろっつーの!
四六時中スマホいじってるくせに。





以上です。


Ameba人気のブログ

Amebaトピックス