26日球磨村の日本一の大鮎釣り選手権大会に参加して来ました

 

1回から毎回参加、昨年は1㎜差で泣き26回目にてやっと優勝出来ました

 

表彰レセプション終了後の仲間との反省会では毎回参加すれば誰でも優勝するよと冷やかされましたが長い26回でした

 

 

(バックのがまパワーSPの抽選には叶いませんでした)

 

 

サイズは32.1+31.7+29.93匹合計93.7㎝の大会レコード、この日の為のデカ鮎ポイント温存が正解の様でした

 

 

ただ今回の大会にて運を使い果たしてしまい27日竿を4番から折ました、今後の釣りが心配です。

 

小河川 6月24日

テーマ:
近場の川は先日の大雨で何処も竿出し出来ない為少し遠征

この川は流域が短く増水後の水引きが早い、県北の小河川

下流から上流まで釣り人は三名、型が小さく人気の無い河川です

オトリに鼻環を通し今にも掛りそうな肩口・大石裏のヨレ・流芯等
探るが掛ら無い


ンー・・・どうした事だ

昨年まで型は小さいが数はいくらでも掛る川でした

50m釣り下りド芯でやっと掛った、今年は此処も厳しいようです

午前中100m釣り下り15匹


他の河川へ移動も考えましたが午後は下流のポイント

ここは朝一先行者有り諦めた場所ですが誰も居ません




昼食後メインポイントに入れると即ヒット


午前中と違い入れ掛りあり、型は14㎝~20㎝と子ぶりですが
天然遡上の綺麗な鮎です


自宅から2時間と少し遠いが贅沢を言わなければ十分楽しめる川です。




[target="_blank" href="http://fishing.blogmura.com/ooayuturi/ranking_pv.html にほんブログ村 大鮎釣り]