『二次元しか興味がないから恋人はいらない。』

 

と言う男性がいる。

いらないと思っている人にあーだこーだ言って恋人を作らせようとしても無理な話。

 

 

ただし、彼らが異性に全く興味がないといえば、嘘になる。

ちょっとそのことについて話をしてみたいと思う。

 

 

彼らの本音はこうだ。

「自分たちの価値観を理解してくれない人たちには興味がない。(男女共に)」

 

 

つまり、理解を示してくれる女性であれば、いらないとは言っていないのだ。

 

これを理解するためには、まず女性=恋人という先入観を捨てなければならない。

 

自分の視界に入る異性が全て性の対象ってわけではない。

ということは、趣味友、飲み友といった人間関係に異性がいてもおかしくはないのだ。

 

 

ここで話を最初に戻そう。

 

彼らは二次元の世界について話せる相手は大歓迎…恐らく異性であっても。

つまり、二次元について熱く語り合える相手なら女性であってもいいわけだ。

 

「趣味友の異性もいらないの?」

 

と彼らに質問すると返事はちょっと違ってくると思うんだよね。

 

マスメディアはリア充が喜びそうなオタクの珍回答を求めているから、

そんな善良な質問は絶対にしないだろうけど。

 

 

オタクはなぜ恋人を作ることができない?

彼らの趣味を尊重してくれる女性の割合が極端に少なかっただけ。(今までは)

 

 

──異性と楽しく話をする。

 

それは恋人同士だからできる特権ってわけではない。

惹かれ合い、一緒にいて楽しいからこそ成立するのだ。

 

 

出会いはいつだってそんなもの。

相手に惹かれる部分があるからお互いがお互いを必要としていく。

 

なのに、なぜ二次元の世界を捨ててまで恋愛をしなくてはいけないのだろうか。

 

 

最近は女性のオタクも増えてきている。

 

だから、彼らの価値観を頭ごなしに否定するのではなく、

男女問わずのオタクなコミュニティを形成してあげるのが自然なのではないだろうか。

 

 

時代は変わりつつある。

オタクはもう偏見の対象ではないとすら思い始めている。(私個人は)

 

だからこそ彼らや彼女らの趣味を尊重するべきなんじゃないだろうかと思っているんだよね。

(政治の選挙でも無視できない層になりつつあるのではないかな。)

 

 

ここから始まる一つの物語。

私はそんな二人を応援したい。

 

 

 

 

 

 

 

偉そうに上から目線で話してしまった…ごめん。