武士道は桜、騎士道は薔薇 | Whipping Cream

テーマ:
と例えられてるみたいね。

以下とあるサイト参照

桜の花が日本の武士道を象徴するとすれば、西欧の騎士道ないし哲学を象徴するものは薔薇である。

騎士道とは、ヨーロッパの貴族階級の人達が築き上げたものです。
馬に乗って盾とサーベルなどを使い華麗に果敢に戦うイメージがあります。颯爽としていて高貴な精神がそこにはあると思います。その盾には薔薇が描かれているそうです。気品漂う香りの薔薇。自ら強い香りを放ち、周りを引き込みます。つまり、騎士道は薔薇なのです。

一方、武士道とは日本固有の精神文化として、今も尚日本人の心に受け継がれていると聞きます。勇、仁、礼、誠、名誉、忠義などの武士が守るべき道徳的徳目の作法という事らしい。新渡戸稲造著、武士道の第一行には「武士道は日本の象徴である桜花にまさるとも劣らない、日本の土壌に固有の華である」とあります。つまり、武士道は桜なのです。

そこで、ふと気付くのですが、薔薇は鮮やかな色合いで薫り高い綺麗な花です。人々を引き付けてやみません。が、その裏にたくさんの棘を持っている、と言う事。

一方桜は、色合いも控えめでほのかな香りを漂わせ、散際も美しい。これと言った強力な自己主張はほとんどない花です。でも、日本人は桜が咲く季節は誰もが桜の木の下に集まります。

ふむふむ。。ハチ
同じ美には変わりはないけど、なんだか全ての文化に現れてる気がするよね!

愛媛に帰った時父母と雨の中、内子の枝垂れ桜見に行ったよ。美しかった。
photo:01


先週末は皇居の回りの千鳥ヶ淵辺りを寒い寒いと言いながらお散歩。
photo:02


photo:03


ね、寒そうでしょ。
他の花たちも綺麗
photo:04


photo:05

aymさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス