このブログは、tommyの主観入りまくりの観劇・お茶会その他諸々趣味をひとり言として綴っておりますので、違ったお考えや意見などおありかと思いますが、その辺りは心を広くして読んで頂けるとかなり助かります。

で、最近めっきりブログを書いていなかったtommyでございます。
お久しぶりでございます。

今月は雪組My初日から風邪をひき、会社休んだりしてました。
で、観劇するときは何とか治りかけて…観劇してまた風邪をひくという事を繰り返しております。
みな様、風邪とインフル、気を付けてくださいませね。

なので今回のブログも大したことは書けません。
何となく覚えている事とか気になってることとか、それくらいになってしまうかな。

前回の観劇時に、みちふう(北翔海莉さん、妃海風ちゃん)観劇と被りまして。
初めてでございます!キラキラ
同じ会場に夫婦揃っての観劇を目撃し、それも結構な近さでキャッキャうふふしてるお二人を発見できたのは!
友人が『あれ、みちこさんに似てる方ね』と言うので振り返ると!
そこにはふうちゃんが!
あれはまぎれもなくみちふうではないか!!と驚愕しましたー。
可愛らしいお二人でした爆笑

そしてそしてこの日のショーの客席降り、tommyは通路から2番目の位置に座っておりまして。
チケット取りついでくれた友人が通路側でした。
わー、みんな通っていくね!
ちさとちゃん(縣千くん)も通るね!
近くに……。
みちるちゃん(彩みちるちゃん)がくるね!!びっくり
ドキドキハート

んでまあ、客席降り来ました!
わー!
みちるちゃんがもろ友人の隣に立ったのです!
前方にはレオちゃん(煌羽レオちゃん)がいます!
満面の笑みー!
前回の神奈川全ツの時はレオちゃん、どちらかと言うとキメ顔でオラオラだったような記憶があったのに、今回はもうこれ以上ないくらいの煌めく笑顔!
う、美しい…ポーンキラキラ
そしてみちるちゃんがこちらをみてくれる時はマスク姿のtommyはキャーキャーとポンポンを振っておりました。
とても自分の年令は言えないほどに…(苦笑)。
みちるちゃん、大好きなんですもの~照れ
そ、し、た、ら!
最後の最後にみちるちゃんが自分のポンポンをtommyのポンポンにくっ付けて、ワシャワシャ~っと!
キャーアップアップ
tommyも椅子から跳び跳ねる勢いでそれに合わせて振ってしまいました……あははははははははは。

客席降りと言えば昨年の『あきらさん(瀬戸かずやさん)事件』が記憶に新しいですが、今回のチケットを取ってくれた友人もあきらさんのキラキラシャワーを存分に浴びたんですけどね、彼女が客席降りには『何か持ってる』んだと思うんですけどねー。
で、控えめな大人な彼女よりワチャワチャしてるtommyは大騒ぎなので今回はみちるちゃんの目にとまったのでしょう滝汗

あーまたこんな幸せが巡ってくるとは……。

で、この日は結構前のお席をいただいたので銀橋とか出てくる方々がよく見えて非常に嬉しかったですー。
な、もので、『Blizzard』のシーンでは眞ノ宮くんに釘付けとなって(tommy下手に座ってました)、上手のちさとちゃんの滑り込みのカッコいいシーンとか色々見逃しました……ガーン
でもこまちゃん(沙央くらまさん)の真っ白なお衣装姿を近くで見れて、本当に心に刻み付けよう!と涙を堪えてお歌も聞き入り、ここは自分的に満足できました!照れ

しかし思うのは、『Blizzard』のシーンて、体感速度と本当のショーのスピードがあまりに違うことに映像見返してビックリなんですが…tommyだけ??キョロキョロ
もう本当にあっという間に世界に引き込まれて、アワアワとキャーキャーとなっているだけで終わるのに意外と実は振りも早くないししっかり踊ってるのに。
それでもあの人たち、知ってます?
ボックスステップ踏んでてもカッコいいんですよ??!!
ボックスステップ、2回くらい入るんですけど(こまけーとこ観てんなーとお思いになるかと思いますが)、それだけでカッコいいっていったい何なんでしょう!!
恐るべし!
ボックスステップ!!グラサン

それ言うと『Ocean』のシーンも振りは派手ではないけど本当に綺麗で見ごたえがあって結構難しい振りは多いかな、と感じるtommyです。

あと今回はオープニングの方でロケットちゃん達が出て来たあとにだいもん(望海風斗さん)とまあやちゃん(真彩希帆ちゃん)が『あなたが笑顔でいられるように~ルンルン』と歌ったときに向い合わせで二人してちょん、と飛ぶところが近くで!目の前で!観れて幸せ~笑い泣き
あのちょん、と飛ぶのが可愛くて大好きなんです~爆笑

だいもんとまあやちゃんについてはもっともっとたくさんあるんですが…。
あ、まあやちゃんのかけ声が東京来てから『アーイハート』から色々バリエーション増えてるみたいですね。
最初tommyが聞いたのは『アーイハート』だったんですが、この前は『イェーイハート』と調子はあまり変わらないにしてもかけ声が変わったびっくりとビックリでした!

だいもんはヤンさん(安寿ミラさん)振付けのシーンの見事さとかボレロみんなで踊るときの腰の落とし具合とかアンダルシアのシャツを抱えているときのえもいわれぬ表情とか、数えきれない……。
My初日に観た友人は『正統派だね!』と言っていたんですが、だいもんのこと。
たぶんそれはそのボレロの事とか、踊り方がキチンとしているのに絶対崩れないとことか色々あるように思いますねー。
ダンスで腰を落とすのって、特にボレロは意外と出来てない生徒さん多いので(tommy何者?)、だいもんを観たときに『うわお!』と思ったりしました。
そう言う意味で前回のマタドール、咲ちゃん(彩風咲奈さん)ターンしたら、グラッとなって『うわっと…っっ』とtommyは心の中で焦りました

『Ocean』ではキレイにターンしてたのでちょっとヒヤッとしたかな。
咲ちゃんも自分のシーンが多いから体力勝負だなぁ。

あと、翔ちゃん(彩凪翔くん)!
オープニングの『スーパーボイジャー!希望のう~みへ!』と歌っているとき、敬礼みたいな腕の振りがありますけど、この時必ず2回目に敬礼の体勢になったときキチッと視線を一度2階席側へあげるんです!
どんなよ?と思う方、映像で良いのでここ、見返してみてください!
翔ちゃんだけなんですよー!
そして観劇時にも確認したんですがやはりキッチリ2階席へ視線をあげてます、キリッと。
さーすがーでございます。
拘りなんでしょうねぇ。

と、ショーの事ばかりですが。

『ひかりふる路』を観て、初回はなんて『悲劇・悲恋』と思ったんですが、2回目でこれは『ハッピーエンド』なのか…と思い、3回観てやっぱり出逢うはずのなかった、二人の運命であり、悲恋でも悲劇でもなく、最後はハッピーエンドなんだろうと思いました。
なので初回は悲しくて泣いて、2回目以降は何だか悲しさと温かい気持ちとで泣けてきました。
もうね、あの世界が舞台上だけの存在とは思えないんですよねー…。
だから毎回現実に戻ってこれない…チーン
それが辛い滝汗
ダントンの家でのシーンは本当に毎回違う。
咲ちゃんもドンドン良くなる。
初回は何だか浮いている感じがしたのになあ。
今回の公演で初めて咲ちゃんの背中が大きく見えました。
あ、実質的な広い背中って事ではなくね、存在として。
初回は友人が『トップと2番手の間に実力の差が大きいなぁ』と言っていて、それは咲ちゃんファンには申し訳ないのですが、tommyも少し感じる事でした。
今でもそれがぎゅっと縮んだかと言えばそうでもないとtommyも思うんですが、咲ちゃんがダントンとして舞台に生きている感が回を増すごとに強くなっていて、だいもんと二人きりのシーンは本当にお互いの呼吸を感じ、すれ違いの苦しみが伝わってくるようですね。
だいもんの苦悩とか苦しさ、言葉で表現できないくらいの感情の渦と諦めなのか寂しさなのか、な表情とか、どうしてあの人はあんなところまで行けるのか…演者として…。

うーん。
もっと書きたいことはたくさんなんですが、とりあえず今日はここまで。
本当なら観劇ごとに記事をあげたかったんですけどねぇ。
そして思ったのは、自分が思っている以上にだいきほにのめり込んでいる自分がいて、思い入れが強すぎてもなかなか簡単な記事をあげることが難しいのだな、と感じました。
ちぎみゆ(早霧せいなさん、咲妃みゆさん)の時も思い入れが強くて書いても書いても終わりが見えなかったんですど、だいきほも書きたいこと多すぎです。
でも特にお芝居は入り込みすぎてるせいで感想、ではなくて感情が溢れるので言葉にするのがこれまた大変なのですよ。
なので風邪に振り回されているtommyにはブログをあげることがなかなか出来ないのですね~(言い訳ですが)。
お芝居はやっぱり曲が良すぎて鳥肌立ちっぱなしだし、ダントンたちの処刑が終わったと報告を受けたときの『そうか…』と言うセリフ、あそこはマキシム、報告に『そうか…』しか言わないんですけど、ひとつひとつの『そうか…』が言い方が違う。
日によっても違う。
舞台って生き物、だいもんはマキシムとして生きてるって凄く感じるところです。

ふむふむ、また続いてしまいそうですが、本当にここまで!
千秋楽までにまた記事をあげることが出来たらいいんですけど…。
記事アップのスピードは上がらないかも…。
このままブログ更新出来ないかも?!と最近は危機感を感じていたtommyとしては少しだけ吐き出せて良かったですけどにやり

新公観れなかったのがざーんねーんショボーン




いつもありがとうございます

にほんブログ村



AD

コメント(2)