こんにちはラブラブ
五藤亜矢子です。




最近、卒業生様と出先でバッタリお会いすることが立て続けに起こっています音符




今朝お会いした卒業生様は、男性様が元アテンダー会員様。




活動中は正直、私の手を焼いたというか(笑)何度お尻を叩いたか数知れませんが、もう別人のような貫禄を感じましたキラキラ




奥様の幸せに満ち溢れた笑顔を見ると、彼がどれほど成長したのかが見て取れますおねがい




卒業生様の近況は何よりも嬉しいですねハート




☆☆☆

本日のタイトルひらめき電球




今回の学びは公開と同時に観に行ったこの映画から下矢印




【ドラコンクエスト ユア・ストーリー】




私はこのかた、一度もドラクエのゲームをやったことがないのですが、社長や子供たちがプレイするのを横目に音楽や映像を楽しんできた次第です目




今回、ゲームが実写化されるということでワクワク期待に胸を膨らませていましたが、その内容は私にとってはとてつもなく深いものでした。




ネタバレになってはいけませんので多くはお伝えできませんが、映画のベースとなっているドラクエⅤには私たちが人生で経験するいくつかの「現実」が盛り込まれています流れ星




出会いと別れ、死別、恋愛、結婚、出産、喜びと悲しみ、希望と絶望、成功と挫折、そして始まりと終わり…




ただただゲームの内容をなぞるだけではなくユア・ストーリー(あなたの物語)になるように描かれていますキラキラ




賛否両論あるようですが、私は「自分の人生」を全肯定してくれたような、そんなメッセージを受け取りました音符




ドラクエⅤ最大の山場と言われる結婚イベントでは「結婚相手、どちらを選ぶ!?」と選択を迫られますが、映画の中では何を重要視し、何を優先すればいいかのヒントが隠されています照れ




婚活中の方にもぜひお勧め致しますハート