はじめてのお友達

テーマ:
出がけにうんぴしたい、と出遅れた昨日の朝。


心電図検査があって、着いてすぐに名残惜しむ間も無くバイバイ。


やっぱりこのくらいサラッとバイバイした方がいいよなぁと改めて感じ。。


昨日帰宅して聞いてみると、休み時間に外でサッカーしたと爆笑


ちょうど前の晩にテレビで、一年生の子が友達を作るということに密着したテレビをやっていて、それを思い出して、自分から声をかけたんだそうなおねがい


そして、おなまえもおぼえてるよウインクと。


自ら学校のことを話してくれることはあまりないのに、よほど楽しかったのかなラブ


で、今朝。


療育の先生にはとことんべったり本人の気がすむまで....と言われていて半信半疑でしたが、昨日のその話を聞いて、やはり徐々に分離していこうと思いました。


次男くんをベビーカーにして、ベビーカーだから教室までは行けないよ、と伝え、不安そうでしたがどうしても無理だったら教室まで行くけど次男くん手で抱っこだから泣いてたら行けないよ、と話していましたニコ


そんな話をして校庭が見えてきたら、昨日できたお友達がサッカーしてておねがい


こりゃーチャンスってことで、あれよあれよと遊びたいという方向に持っていき、下駄箱で待ってるから急いで一人で仕度してトイレ行って赤白帽かぶって(1年生は必須)出ておいでビックリマークと言ったら、うん!!と良い返事ラブ


教室内が窓から見えるので見ていたら、ものすごいスピードでしっかり仕度して出てきました。笑


で、一緒に校門に向かいながら長男くんはお友達のところへ。。





そっこー大笑いして遊んでましたウインク



やっぱり、うん。

療育の先生言うように、本質的にはそうじゃない子よりも無理して頑張るのかもしれないけど、わけわからないうちにダダダーっと放り込まれた方が慣れるのは早いビックリマーク
今まで通り。

そう感じた朝でした。


ただし、平気に見えるからと言って放置ではなく、本人が普通の子よりも大変な思いしてるんだってことは頭の隅に忘れないようにして、その分、今まで通り愛情を伝えるのに加えて、あとでのケアをしっかりしたいと思いましたニコニコ