こんにちは!

チューニングイラストレーターカラーパレットしまだあやです。

 

 

公開から10日経ってしまいましたが、

東京・二子玉川の蔦屋家電で行われた

中里桃子さんの出版記念セミナーレポートを

書かせていただきました。

 

【イベントレポート】

『マーケティング恋愛4.0』

出版記念セミナー@蔦屋家電

https://www.marriage35.work/190709/

中里桃子 セミナー マーケティングれない4.0 婚活

 

 

レポートに書かせていただいたとおり、

セミナーでは

中里さんの経験と研究結果を始め、

読者さんの実践と素敵すぎる途中経過まで共有され、

 

めっちゃアツい!

めっちゃアツい!!

 

参加者の中には

「本はこれから読むんです」

という方もいらっしゃいましたが、

その方たちは絶対最後まで読んだと思う。

 

そのくらい、

「マーケティング恋愛4.0すげ〜〜〜!!」

となるセミナーでした。

 

(婚活中、恋人探し中の方、

 まずはぜひレポートをご一読ください♡→

 

 

今日は、

そのセミナーのこぼれ話をひとつ。

 

中里さんは書籍の中で、

結婚における目標達成の3ステップ

提案しています。

 

こんな感じ

中里桃子 セミナー 蔦屋家電

 

このうち

②の「相手選びが適正か」という項目。

 

レポートにあるように、

セミナーの中でも

「自分の中の結婚の条件」を3つあげる

グループワークがあったのですが、

 

セミナーではさらに中里さんが設定した3条件も紹介されました。

 

それは、

  1. 親との関係が良い人
  2. ちゃんと働いている人
  3. 結婚の意思がある人

というもの。

 

あ、中里さんは

見た目とか趣味とかそういうんじゃないんだ!

と思った方もいるかも。

 

そうなんです。違うんです。

 

特に今回中里さんがオススメしていたのは

1の「親との関係が良い人」。

 

 

中里さん曰く、

親との関係がよい男性は、

「こんな風に女性を幸せにすればいいんだ!」

のイメージが自然と出来ていることが多いそう。

 

 

さらに、

「両親がこんな感じだった」のイメージが

彼と一致しているとよりよいそう。

 

なぜなら、

両親の姿って無意識に刷り込まれているから。

 

ここがずれていると、

学んだ教科書がちがうと

意見が一致しないのと同じように、

結婚のイメージもずれてしまうことが多い

(教科書のたとえ、とてもわかりやすい)

 

 

たしかに、

同性の友人同士であっても

家庭環境が違うと意見が食い違うことってありますよね。

 

まして、

一緒に家庭をつくっていく相手となれば、

意見の食い違いは命取り。

(無意識に刷り込まれているからこそ、

 変えていくのもむずかしいし・・・)

 

 

お付き合いする前に

お相手が育った環境について聞いてみるのは

結婚への道としてかなり有効な気がしました。

 

 

とはいえ、

「付き合う前にそんなこと聞くの難しい」

「他の2条件についても詳しく知りたい」

という方もいるかも。

 

 

そんな方は、

ぜひ『マーケティング恋愛4.0』を

読んでみてください。

 

本当にこの本すごくて、

中里さんの失敗談(=婚活女子あるある)を

生かしたノウハウがふんだんに盛り込まれてるんです。

 

何百回でも言うけど、

婚活で頓挫している女性、

そして男性にも絶対読んでほしい1冊。

 

 

今回のセミナーで、

結婚に近づいた女性がまた増えた気がしました。

 

このブログも、

誰かのそんな一歩につながったらうれしいです。

 

 

以上、

通りすがりのイラストレーターの実況でした爆笑

 

 

クローバーセミナーレポート本編クローバー

https://www.marriage35.work/190709/

 

 

クローバー途中で紹介したマンガの全編はこちらクローバー

 

クローバー紹介している書籍はこちらクローバー

 

 

しま照れ

音符あなたのイラスト描きます音符

あなたのお仕事、活動に必要なイラストをお描きします。

イラスト付きイベントレポートなど記事執筆も可能です。

詳細はホームページからカラーパレット

https://ayaori.life/menu/

image