567、新作『太陽神の王国』 | 綾小路有則のスピリチュアル・レポート

綾小路有則のスピリチュアル・レポート

スピリチュアル・レポートは、宗教、神秘学、神智学、哲学、政治、経済、科学、医療、芸術、量子力学、宇宙人情報、等々、二千冊近い文献を研究、または、各分野の専門科から得た情報を中心に製作しているレポートです。

 

 

 

明けましておめでとうございます。

 

本年もよろしくお願い申し上げます。m(_ _)m

 

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

 

 

新作『太陽神の王国』

 

 

 

「沖縄は鳳凰や朱雀や龍神が守る島。

 
 沖縄で個展を開催する際は、

 必ず彼らを描いた絵を展示しなさい」

 
 

とインスピレーションを頂き、2017、2018年の個展に『太陽の王国2』と
 
 

 

朱雀

 
 
『黄金の王国2』と
 

 

鳳凰

 
 
『金剛龍王・繁栄』を出展しました。
 

 

龍神

 
 
すると期間中、ダブル・レインボー、シーサー、鳳凰、朱雀、龍神の雲、等々、不思議な現象が毎日空に出現しました。
 

 

ダブル・レインボー

 

 

 

シーサー

 
 

 

鳳凰

 

 

 

朱雀

 

 

 


 

 
そして、令和1年5月1日、『太陽の王国2』は、『太陽神の王国』として生まれ変わりました。


 

 

朱雀



 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



日本、にほん、にっぽん、ひのもと、様々な呼び方がありますが、一説によりますと、この語源は古代の日本が太陽信仰にあったことから来ているそうです。


その頃の人々は、日本のことを「やまと」、「やまとの国」と呼んでいました。


日本で太陽信仰を説かれていた方は、天照大神(あまてらすおおみかみ)です。


天照さまは、現在象徴神のように言い伝えられておりますが、実際はイエスさまのように実在した人物で、神の法を伝える預言者のひとりであったようです。


現在イエスさまは、二千年前の実在の人物として伝わっておりますが、歴史上預言者が帰天されてから四千年ほど経過すると、天上世界の神話として伝わっていくようです。


日本の八百万の神々がそうですし、ギリシャ神話やエジプト神話の神々がその典型です。


その証拠に、世界中に残されている文献を各神話ごとに分けて研究するのではなく、グローバルに研究していきますと、神話が史実の変型であったり、異なった宗教の神々が呼び名が変型した同一神である可能性が指摘されています。


また一説によりますと、太陽信仰の源流は、今から1万7千年前、大平洋に存在した ムー文明において、王「ラ・ムー」の説いた教えにあると言われています。


今から約1万5千年前にムー大陸が海中に没したときに逃れた人々が、アトランティス、日本、ベトナム、中国、プレ・インカ等に逃れて、その教えを伝承していったと言われています。


そのため世界には太陽神を信仰する宗教が多く、太陽を象徴する聖なる花として、ロータス(蓮華模様)やロゼット(バラ花形)が、インド、ギリシャ、エジプト、アッシリア、ペルシャ、そして、日本などで、紋章として使われています。


特にロゼットは、太陽の光状を象徴したものと解釈されており、中央から放射状に広がる円形装飾は、みなロゼットと呼ばれています。


日本の皇室の菊の紋章は、ロゼット模様です。


仏教の大輪の蓮の華はロータス模様であり、ロゼット模様でもあります。


そして、太陽信仰の源流の地、ム-文明の国花は蓮の華でした。



 

ラ・ムーの紋章

 


 

ロゼット模様

 

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

 


 精神世界ランキング


 人気ブログランキングへ


 HP「スピリチュアル・アート 綾小路有則の世界」

 

 


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━