自信無き女 彩乃 | ayano-fortunetellerのブログ

ayano-fortunetellerのブログ

占い師
バランガン新宿店・銀座店にて活動中☆

得意占術
タロットカード
四柱推命
九星
ダウジング
ルーン


テーマ:
こんにちは。

バランガン銀座の彩乃です。
今朝の雲と空のショーがとても綺麗で思わず写真を撮った。

日中は移ろいゆく雲。
夜は毎日形を変え移ろいゆく月。
日々色々な摩擦を受け移ろいゆく人の心。

素晴らしいと思う。

昔、蓮舫さんが
「総理!総理はお考えが変わったのですか?!」と叫んでいるシーンをテレビで見かけた事があった。

当時の総理大臣だった小泉純一郎さんは黙っていた。
面白いやり取りだと当時の私は思った。

「変わる」事が良いとする考え方。
「変わらない」事が良いとする考え方。

私はどちらも素晴らしいと思う。
どちらも天からのプレゼントだと思うから。

昨日天から私にプレゼントされたのは、ふじこ先生とのお茶タイムだった。

新宿店の望月ふじこ先生が
「彩乃先生、今日お時間ある?もし良かったらお茶でもしない?」と私に声をかけてくださった。

私はとても嬉しかった。

何故なら、昨日ふじこ先生は私に興味を持ってくださり、ふじこ先生は私に命という有限である時間を割いてくださったから嬉しかったのだ。

ふじこ先生からしてみれば、私に時間を割く価値がある、と判断して下さったからこそ誘ってくださったんだと私は感じたから、私は認められた気持ちになって嬉しかったのだ。

昔ヨーダに言われてハッとなった一言がある。

それが
彩乃ちゃん、他人の時間泥棒をしてはいけない。
だった。

私がよくやらかす事の1つに、自分で調べれば分かる事を、自分で調べようともせず他人に聞いてしまう。

そしてそれを言われた当時、私は誰かと会う時に私の為に時間を割いてくれた事が有難い事なんだ、という意識が全くない時であった。

昔のブログにも書いた事があるのだが、遙華先生にナゾナゾを出されたやつ…

「ありがとうの反対は当たり前」というやつ。

私と会ってくれる事が当たり前。
私に時間を作ってくれる事が当たり前。

私と会ってくれないと不満。
私に時間を作ってくれないと立腹。

ヨーダに「時間泥棒はしてはいけない」と言われた時はまさにそんな時だった。

すごくショックだった。

自分ばかりの、自分よがりの考え方をしていたから。
まさか、自分が相手の時間泥棒をしていたとは…

そこから私は人を誘わなくなった。
いや、誘えなくなった。

ヨーダに言われた「時間泥棒」という言葉がある種のトラウマ的ショックになってしまったのかもしれない。

そのかわり、私も一緒に行きたい!行ってもいい?
と聞くようになった。

そしてどうしても誘わないといけない時は、どれだけその人にとって魅力的な事なのかを伝えるようにして誘うようにした。

それでも追いつかない時はお金で解決した。

笑い話で過去にブログにも書いたが
「お金払うから、ホテルに行ってくれませんか?」

これはある種、それである。

私はあなたに会いたいんです。
だからあなたの大事な時間を私に切り売りしてくださいませんか?という気持ちなのだ。

だから男性とご飯に行っても私は自ら財布を開く。
それが「可愛くない女」と映る事も多々ある事も承知だが、それでも財布を開く。

自虐的ではあるが、私はそれだけ人の命は有限だと思えたから、無機物のお金に働いてもらう。

だから今の私にはメンズがご馳走してくれない、とか、ホテル代出してもらえない、とか、プレゼント貰えない、とかという不満は全く皆無になった。

逆に、「会いたい」と言ってくれる、「今日暇?」「明日暇?」というその言葉に価値を見出せるようにもなったのかな、と思う。

だから昨日のふじこ先生の
「彩乃先生、今日空いてる?」はとても嬉しかったというわけなのだ。

私はこう見えても本当に自分に自信の無い人間だ。
破茶滅茶な行動と発言をする割には、本当に自信の無い人間だ。

だから私は大好きな人に自ら連絡できない。

その人にとって有益な情報が入った時、確実にwin-winになれる、と思った時と、お礼を伝えたい時にしか連絡できない。

だから「会いたいです。」と言えた事は数少ない。

私はいつも受け身なのだ。
積極性の「せ」の字も無い。
そのせいで悩みすら打ち明けられない。

だから私は鑑定中に
「先生、私、連絡してみたんです。」とおっしゃるお客様に、

「よく頑張ったね!偉かったね!」と本気でお伝えしている。

これは社交辞令とかではなく、本気で尊敬しているからなのだ。

私が「自ら連絡出来ない人」だから。

そこにクヨクヨ悩んだ時期も実はあった。

だから私は自分を変えてみた。
意識を変えてみる事にしてみた。

どんな私だったら、会いたいって思ってもらえるのだろうか?

どんな私だったら、時間泥棒してないと思ってもらえるのだろうか?と…

好きな人にこう言った事がある。

「会いたいと思った時には、会いたいってあなたから言って欲しい。車で迎えに来いと命令して欲しい。
私は自分から誘えない人だから。」

精一杯のアイラブユーだった。

だから素直に「会いたい」と言える人が羨ましく思う。

先生、米さんどうなってるの?と皆様によくご質問を頂く。

私が「あけましておめでとうございます」というメールすら米さんにしないのは、米さんが私に会いたいと思ってくれるその日まで待とうと決めたからなのだ。

決して好きじゃなくなった訳じゃない。

私は米さんと会う日までに、
米さんにとって有益な情報を話せるように、
これは絶対私に会いたくなる!という情報がメール出来るようになる日まで
私は努力しようと決めたからなのだ。

私はいつも自信がない。
だから、私に会いたいと思ってもらえるように努力する。

これは鑑定においてもそうだ。

お客様からしてみたら、どんな私だったら「会いたい!」と思ってもらえるのだろうか?ばかり考えている。

私は私で在りたい。
良いことばかり言って好かれようとも思わないし、鑑定で嘘もつきたくない。

けれど「あなたダメよ!」なんて夢の無い事も言いたくない。

だから悪い事をどうやってトランスレートして、ヤル気の出る言葉に変えるかをいつも考えている。

そして鑑定ではうまくいく時期を読み外すこともしょっちゅう。
だから、素直に占いを読み外したこともお客様に謝る。

どんな私だったら、会いたいって思ってもらえるのか。

その上、私は皆様にお金を支払って頂いている。
皆様のお金泥棒と時間泥棒をしたくない。
だから必死になる。
占いを当てられるように勉強を続けたいし、
魅力的な人間であれるよう、自分も斉たい。

これを書いていて気付いたけれど、とにかく自分と戦っているようだ、私は。

どんだけ私、自信がないねん!!笑

大事な事だから3回繰り返す。
だから、昨日ふじこ先生に誘ってもらえたのはそれまけ嬉しかった。(本ブログ3回目🤣)

昨日の私より、今日の私。
今日の私より、明日の私。

そうやってグローイングアップしていきたい。

その先にあるのが、私の夢、ペンギン村なのだ。

そんな想いを昨日ふじこ先生に聞いて頂いた。

私は人生の最後には「子供達」にフォーカスしていきたいと考えている。

不登校に悩む子供。
いじめに悩む子供。
親御さんとの関係に悩む子供。
孤児院にいる子供。
少年院にいる子供。
そういう子供達にフォーカスしていきたいと考える。

私は子供を産むことを選択しなかった。
辛い思いを過去にした。

私は大多数の子供を育てることを今は望んでいる。

5年前くらいのこと。
不思議な占い師がこう私に言った。

「あなた、子供産まないのね。
あなた、そうじゃなくて沢山の子供達を育てていくのね。
あなた、みんなの母親になるのね。」

私は何故かその占い師に対してはコクリと頷いた。
どういうことですか?とも質問さえしようとしなかったのが、今でも不思議である。

年末年始のライブ配信で伝えた
「みんなね、生まれる前に自分の人生決めてきてるんだってよ!
未来のアカシックレコードを読めるんだよ!」の理論だったのかもしれない。

今世、私は「1人」にフォーカスするのではなく
「大多数」にフォーカスする為に生まれてきたのかな?とも感じた。

だから自分の子供縛りではなく、
沢山の子供を!との考え方があるのかもしれない。

だから私は年末年始【占いの窓】ではなく、
【ライブ配信】という形を選んでみた。
自信の無い私にとってみての「チャレンジ」だったわけだ。

そしたら先日魔女様がこんな事を言っていた。

「彩乃ちゃん。
私ね、子供食堂をココでやろうと思っているの。」

「子供食堂?!何、それ?!」

「今さ、ネグレクトな親が増えてんのよ。
そんな子供達をぜーんぶひっくるめて私が食育していこうと思ってんの!」

ビックリした。

魔女様も私とおんなじ考えを持っていることに。

そしてふじこ先生も同じ方向性の事をお考えになられてらっしゃった。

これまたビックリした。

これは、それで合ってるよ、という暗示でないか?と思った。

そして、同時期にお客様がツイッターで444人のフォロワーさんに因んでエンジェルナンバーを教えてくださった。
鳥肌だった。


私は二黒土星の女である。

二黒土星は「母親の星」である。

そして魔女様も二黒土星。

そしてふじこ先生も精神性を表す場所に二黒土星をお持ちだった。

母親の星。
子供を育てる星。
全てを受け入れる星。

全てを受け入れる為には、自分に自信が無いといけない。

だから私は自信をつける為に、
自分の夢を叶える為に、
今出来ることを
一生懸命
一所懸命
一笑懸命にやっていこうと思っている次第なのです。

皆様、いつも私を褒めてくださって、
いつも私に自信をくださって、
いつも私に元気をくださって、
本当にありがとうございます。

彩乃


ayano-fortunetellerさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス