ayano-fortunetellerのブログ

ayano-fortunetellerのブログ

占い師
バランガン新宿店・銀座店にて活動中☆

得意占術
タロットカード
四柱推命
九星
ダウジング
ルーン


テーマ:
こんにちは。

バランガン銀座の彩乃です。

昔、沖縄に行った時のこと。

ガイドさんが隣で喋っているのが耳に入ってきた。

とても素敵なお話だったのでシェアしたい。


海辺に打ち寄せる波の数は、1分間におよそ18。

18の2倍の数は36ですよね?
これはおよそ人間の体温なんです。

36の2倍の数は72で、
おおよその人間の脈拍数。

72の2倍の数は144。
これは少し高めであるが人間の血圧。

144の2倍の数は288で、
これは赤ちゃんがお腹にいる日数なんです。

つまり私たち人間は海と切っても切り離せないんですよ。」

へぇー、と思った。
海と人間の繋がりの深さにビックリした。

私は海が大好きで、小さい頃から海の側で生まれ育ち、長崎の祖父も海のお仕事をしていた。

海がいつも身近にあるせいか、海があるだけで心穏やかになる。

そして昔、言われた事でとても嬉しかった言葉がある。

「彩乃ちゃん!
また、世界のどこかの海で会いましょう!
海は繋がっているから!」


繋がっている。

この言葉に私は安心感をいつも覚える。

誰かと繋がっていることが、どれだけ大事かを
私は大事な人を失って気付いたからなのかもしれない。

ニュースから流れる悲惨な事件に耳を覆いたくなる事も皆様にもあるのではないでしょうか?

私は、テレビを見ていない為、どんな事件が起こっているか、お客様から聞かせて頂くことが多い。

先日の池袋店での出演の際、あるお客様とこの頃の時事ニュースをお話しさせて頂く機会に恵まれた。

様々な事件の概要をお客様から聞き、私は世間では色んな凄惨な事件が起こっている事を知った。

被害者の方々の気持ちを考えると、いたたまれない気持ちにもなった。

事件の中には犯人が自ら命を絶つケースもある。

私は被害者の方々に黙祷をし、
そして同時に、なぜそんなことをしたの?!という憤りを犯人に対して持った。

事件現場には沢山のお花が飾られていることをお客様から聞き、こんな話しになった。

「犯人は絶対にしてはいけないことをしたし、
これは許されるべきことではない。
でも、そのお花の中に犯人に対するお花が一輪でもあったのだろうか?
犯人は人との繋がりが無かったから、こんな事件を起こしてしまったのではないだろうか?」

この世界において、誰かが苦しむような、誰かが泣くような、誰かが悲しむような事件が無くなれば…
世界が平和であれば…
私は心底そう思う。

泣いてるあの子を笑顔にしたい。
悲しんでるあの子を笑顔にしたい。
もう生きる価値なんてないと諦めているあの子に
生きてて良かった、
生まれてきて良かった、と思ってもらいたい。
そんな一心で占いを勉強し続けている。

世界中の犯人達が、元々は

泣いてるあの子だったり
悲しんでるあの子だったり
もう生きてる価値がないと
誰も自分のことを分かってくれないと
思っている人達だったのだとしたならば…

人は、「自分のことを分かってくれた」
「自分のことを分かってくれる人ががいた」
と実感できた時、心が震え、魂が輝き出すものだと私は思っている。

そのためには【人との繋がり】が絶対必要なんだと私は思っている。

悲惨な事件を起こしてしまう犯人の裏側にあるもの。
それが【繋がりの無さ】だったのだとしたならば…

これ以上悲惨な事件が起こらないようにする為の第一歩が【繋がり】なのかもしれない、と私は思う。

そういう場所を私は提供できる人になりたい。

そういう場所で、あなたの素晴らしさを伝えていきたい。

ここバランガンで占わせて頂くようになって
気付けた。

誰も私を分かってくれない。
生きる意味が分からない。

そんな方がもしこのブログを読んでくださっているのなら、一度私に会いにきてください。

私が全力で私の占いで、あなたのことを笑顔にしてみせます。

彩乃