全日本女子チア部☆を、やめます。

テーマ:
このたび2015年1月末を以て、私齊藤は、「全日本女子チア部☆」の活動を
終えることにいたしました。

2009年8月1日、
緊張と恥ずかしさで逃げたい気持ちと、
自分に負けたくない思いの葛藤を抱きながら新宿西口に立ち初めてから、
2015年1月末で「朝チア活動」は5年半、約1000回に上ります。

会社員として、会社や社会の役に立つことができなかった私が、
それでも「まだ諦めたくない」「自分のやり方で、誰かの役に立つんだ」と宣言するために始めたこの活動。
自分のように、言いたいことを言えずに萎縮したり、自分を殺している
通勤途中のサラリーマンに、「もっと勇気を持って、本気で発言することが会社や社会のためになるんだ」と気づいて欲しいという思いで続けて来ました。

この5年半の間に、
多くの方に知っていただき、応援していただいたことで、
無名で、金もコネも実績もない人間でも、
「何か」はできることがあるのだということを知りました。
何の利益も報酬もないのに、2年目からずっと活動を共にしてきた相方クミッチェル、毎回欠かさず記録写真を撮ってくれたウエさん。それから、、

これまで何度も「もうやめてもいいかな」と思うことはありましたが、
このチア部☆の活動がイヤだとか、辛いと思ったことは、
一度もありませんでした。

最初は、何でもすぐ飽きたり諦めたりする私だから、
「1年は続けよう」と宣言して始めた活動でしたが、
たくさんの方との出会いで楽しいことの方が多く、
これといって「やめる理由」なく今日まで続けてきました。

遠くへ引っ越すとか、子どもができるとか、物理的な理由があれば別ですが、たとえ結婚をしても、チア活動をやめる理由にはならないとさえ考えていました。それゆえ、どこで、どのようにケジメをつけるかについて、3年目くらいからずっと考えていました。

そして昨年2014年の夏、クミッチェルに
「ちょうど8月で5年経つし、やめようかと思う」と話したことがありました。
その時クミッチェルに、
「彩さんには、『次は何をやりたい』と決めてからでないと、やめて欲しくない」ということを言われ、
確かに、5年でキリがいいからやめる、というのはちょっと違うな、と思い
そのときは踏みとどまったのでした。あの時は本当にやめなくてよかった。
クミッチェルありがとう!

それから半年が過ぎ、私にひとつの心境の変化がありました。
通勤途中の多くのサラリーマンを応援すること以上に、
重要なことが見つかりました。

一番身近な人を、元気に送り出すこと。

とても月並みで、シンプルな結論ですが
私でしか応援することのできない、たった一人の人を
「いってらっしゃい。がんばってね。」と見送ることが
いまの私にとって最も重要な役割だと思ったのです。

そんな訳で、
思いもよらず5年半も続いた「全日本女子チア部☆」ですが、
このあたりで、私齊藤はこの活動から退こうと思います。

この企画自体は今もとても気に入っていますので、
もしかしたら、相方クミッチェルがこの先を続けてくれるかもしれません。
その際は、どうぞ彼女を応援してあげてくださいませ。

2015年1月30日金曜日が最後の出動になります。
こんな活動をしていたヤツがいたなと、
皆様のご記憶の隅にでも残れば幸いです。

それでは、応援してくださった皆様、
またどこかでお会いできますように!

充実感と、ある種のやりきった感をもって、大きな声で言います。

私は、とても幸せでした。
本当に本当に、ありがとうございました!!