アムジャでArabia schoolへ🚖SDG50


うちらのことを毎朝待っている
MUATZに今日も送ってもらい、授業✍️


今日は暑かったー💦



ランチは「グローサ」というスーダンの料理🥪⬇︎







穀物の粉を水と混ぜて焼いたもので、甘くないクレープみたいな感じ👏

その真ん中にオクラソースとチキンソースを入れてあって、グローサでソースをすくいながら食べるという感じ!





ライムと玉ねぎ、辛いソースも入れて食べる😊👏



ラズィーズ👏✨




その後もう一コマ授業受けてニハーヤ!




授業の後は
ハルツーム大学の向かいにあるハルツーム州保健省に行き、「5S」の発表会を受けて来た👏




5S・KAIZEN・TQMについては今まで勉強したり院内の勉強会で聞いたりしてたから分かっていたけど、「5Sをなぜやるのか?」
その前の理由を分かってなかったので、参加してよかった👏




貧困地域の根本の問題は母子保健にある💦




また、国を作っていく(運営する)には、自分たちで国を守ることが大事で、国を守るためには制度が必要。




日本の医療保険制度が出来たのは1960年代初旬で、母子手帳が発行されたりした!





私たちは税金と保険料を払っており、もし病気などした時も保険が適応されて3割負担という制度になっている。



その制度があるおかげで病院は支出と収入の差を貰えており、病院経営が出来ている(マネージメント)




ところが途上国はこのシステムがなく、マネージメントできず、先進国から支援を受けてる間のみ経営が成り立っているが、支援がなくなったらものもなくなり自分たちだけでは経営が出来なくなってしまう💦





これが途上国が伸びない原因みたい🤫





また、これは5Sの上のKAIZENの要素のひとつだけど、ワーカーのモチベーションを上げることも重要で、環境を整えたり、給料をアップしたり、意欲を掻き立てる必要がある!!!







それぞれの会社や病院が競争することで売上や利益が上がるけど、途上国は競争するほどの数がないし、競争する精神?が無いというかそういうことを知らないで仕事をしている…だから5Sを始め、KAIZEN→TQMへ繋げ、それぞれの会社や病院の質を上げる必要がある!!!





だからまずは費用もそんなにかからない5Sという考え方を広めていくことが大切。











国際専門医の半田先生の講義でした🙏