1つぶのおこめ―さんすうのむかしばなし

大きな数字わかるかな?と聞いたら『35億!』と返されニヤリとしてしまった😁
お笑いの影響力スゴいですね🙆

インドの昔話で算数のおはなしです。
飢饉が来て農民の作ったお米は王様が独り占めしていました😫
米蔵から宮殿へお米を運んでいたところ、袋が破れてお米がこぼれているのを見付けたラーニはスカートでそれを受けて王様にお返しします。
気を良くした王様はラーニに褒美を取らせると言うと、『お米を一粒ください。そして30日の間、前の日の倍の米粒をください。』とラーニ。
今日は一粒、次の日は二粒、その次の日は四粒…王様はラーニはあまり賢くないなと了承します。
10日経ち、20日経ちしていくうちに渡すお米はどんどん増えていき…😵

頭を使うお話に子どもたちはかなり集中していました❇
この絵本は実は絵がとても素敵です💡
じっくり手にとって読んで欲しいなと思いました🎶