まないたに りょうりを あげないこと (講談社の創作絵本)



ライオンをかくすには

『まないたにりょうりをあげないこと』は、人気のレストランの厨房でまないたが食材を少しずつ食べているところを見てしまった料理人が、まないたに頼まれて出来上がった料理を食べさせていくお話
そのうちどんどんまないたが成長してしまい料理長にバレる…
子どもたちはまないたがページをめくる度に大きくなることにすぐに気付いて声を上げていました!
5分くらいかな

『ライオンをかくすには』は、帽子が欲しくてまちにやってきたライオンをみて町のみんなが大騒ぎ!
隠れようとしてアイリスの家の庭にある小屋に入るけど身体が大きくて隠れられず…アイリスは優しいライオンだとわかり、一緒に遊びながらみんなから隠そうと頑張ります😄
しかし、アイリスのお母さんに見付かり逃げ出すことに!
やっとの思いで隠れた場所から、なにやら悪いことをしている人を見つけます…
最後はハッピーエンドになるかしら??
えー!っと何度も声が上がり、読みながらテンションも上がりました🎵
こちらも5分くらいです