芍薬甘草湯 68番

テーマ:

これからの時期よくお医者さんから処方される

お薬に漢方薬の芍薬甘草湯があります。

夜間の足の攣りなどに処方されるのですが、

 

漢方やから副作用.ないんやろ?

 

とよく聞かれますが、薬ですから当然あります。

芍薬甘草湯に含まれる甘草が腎臓に悪さをして起こる「偽アルドステロン症」というものです。

 

基本的には浮腫や高血圧が起こり、体内の

カリウムが減ります。

因みに甘草は漢方薬の色々な成分をまとめる

ような役目ですので、結構な割合で色々な漢方に含まれます。

 

気になる症状があれば近くの薬屋さんに相談してくださいね。