そしてFさんはそのまま優しく、時に強く、そこを押し撫でます。






うんやっぱり、Fさんの、気持ちいい


 

 
 



その突起を指でクルクルと刺激しながら、Fさんの体は徐々に私の下半身へと移動しました。






両腕で私の太ももを開き、そこを見るFさん。






あやめキレイだ


凄くキレイだ、、、






そして、そこにキスしました。






唇で、何度も何度も。






チュバチュバと音を立ててなんどもキスをする





Fさんの唾液なのか私の蜜なのか分からないほど滴っているそこを





Fさんの柔らかい舌が這いました。