今日も子ども向けレジリエンス講座を開催しました | 目黒区中目黒・少人数制子ども英語教室(保護者向けアドラー心理学講座も開催中!)

目黒区中目黒・少人数制子ども英語教室(保護者向けアドラー心理学講座も開催中!)

中目黒スマイル英語教室は、自分では英語を教える自信のない保護者の方が、世界に通用する確かな英語力と学校では学べない英語体験をあたたかい環境でお子さんにプレゼントできる教室です。
英語はまったくできない保護者様、帰国子女の保護者様にも選ばれています!


テーマ:

● 今日も子ども向けレジリエンス講座を開催しました

 

こんにちは!田中彩子です。

 

中目黒スマイルでは、昨日のレジリエンス講座に引き続き、小学生向けの「『あきらめない』『乗り越える』強い心を育むレジリエンス講座」を開催しました。

今日参加してくれたのは、中学1年生、6年生、4年生の子どもたち。

 

詳しいレッスンレポートは後日、子どもたちの感想も含めてアップしますが、本日の様子を簡単にご報告します。

 

-------------------------


今日はモニター講座として、レジリエンス講座のなかの2つのユニットを学びました。

 

講座ではまず、私がレジリエンスについて考えられるような絵本を読んでから、その絵本の内容を振り返ってグループで考えるワークを。

皆で協力して、グラフを仕上げました。

その後、自分のグラフをそれぞれ発表してもらいました。

さすが高学年の子どもたち、昨日の3年生対象のレジリエンス講座とはだいぶ違った発表になりました。


 

カードゲームで「レジリエンス」も覚えましたが、中目黒スマイル英語教室にも来てくれているTちゃんは、英語で「Resilience」にも挑戦。

さすがTちゃんで、瞬時にスペルを覚えてしまいました。

 

イメージトレーニング中です。

昨日の講座でもそうでしたが、これをやるのとやらないのとでは、レジリエンスに対する理解がだいぶ違うのではないかと思います。

 

今日は高学年対象なので絵ではなく文字を書くのかなと思ったのですが、絵が好きな子どもたちが集まりました。

こんな傑作が!

絵を通じて自分を表現することを楽しみながら、自分の感情や日常生活における浮き沈みについて考えました。

 

昨日、3年生には難しくてできなかったワークもいくつか取り入れました。

これは、強みカードのワーク。

普段、あまり考えなかったようなことも自分や他者の「強み」になることを学びました。

 

以前、英語の単発レッスンにも来てくれたYちゃん、すっかり大人びていて、びっくりしました。

しっかりした考えをたくさん発表してくれました。

他の子どもたちに対しても、たくさん思いやりを見せてくれました。

 

初めて中目黒スマイルに来てくれたMちゃん。

最初はやや緊張気味でしたが、だんだん笑顔が増えて、素敵なエピソードをたくさん教えてくれました。

ものすごい頑張り屋さんであることが分かり、皆の尊敬を集めていました。

 

講座を盛り上げてくれたTちゃん、いつもありがとう。

さすが中学生だなと思うような答えをたくさん披露してくれました。

物知りのTちゃん、他の2人から「すぐに仲良くなれるお姉さん」として、同じ強みカードをプレゼントされていました。

 

今日は、昨日と同じ内容を高学年用にアレンジした講座でしたが、昨日とはだいぶ違う雰囲気でした。

昨日の3年生が「あんぱんまん」「したきりすずめ」で盛り上がった話題は、今日は「ジャンヌ・ダルク」「アンネ・フランク」「ガリレオ」でした。

すごいですね!

 

自分たちでしっかり考えられる子どもたちなので、きっと、レジリエンスについても日常生活で活用してくれると思います。

 

最後のアンケートでは、全員が、「また続きのユニットも受けたい!」と書いてくれました。

 

今日は遠くから送迎してくださった保護者の皆さまと、忙しいなか参加してくれた子どもたちに、心から感謝しています。

 

-------------------------

 

昨日の3年生向け講座の写真はこちらです。

 

皆で協力してレジリエンスグラフを完成させています。

素晴らしいチームワーク!

 

盛り上がったレジリエンスカードゲーム。

 

個性的な絵の数々。

 

自分の気持ちに気づき、絵で表現しました。

お互いに交換して、他者の気持ちに気づくことも良い経験に。

 

初対面でもすっかり仲良くなった子どもたち。

たくさん考えて、たくさん話して、たくさん笑ったね!

嬉しい感想をありがとう!


 

中目黒・A+SMIL
「あきらめない」「乗り越える」強い心を育む
レジリエンス講座   

「できないことがあると、すぐに諦めてしまう」「もう少し頑張ればできそうなのに、失敗が怖くてできない」「お友達や先生からの何気ない一言に落ち込んでしまう」といった、生活面・学習面でのお子さんの様子に歯がゆい思いをしていませんか?

 

お子さんがこの講座に参加すると、「今日からすぐに発揮できる」レジリエンスを楽しく身につけて、「できないけれど、もう少しやってみよう」「失敗しても大丈夫」「ちょっと落ち込むけれど、いつまでも引きずるのはやめよう」と、変化していきます。

「レジリエンス」は、経験や学習によって育つ能力です。

小さいうちから「レジリエンス」を身につけることで、今から日常生活はもちろん、長期的にも今後直面するさまざまな困難を乗り越えやすくなります。

今後、先の読めない時代を生きていくお子さんが、大小の困難を乗り越え、幸せな人生を築いていくために、お子さんに小さいうちから「レジリエンス」を身につけてほしくはありませんか?

本講座は、イギリスでの実証研究に基づき、まだ人生経験の少ない小学生が分かりやすく「レジリエンス」を学んで身につけられるように、一般社団法人日本ポジティブ教育協会により開発されました。

本プログラムは、自己効力感、自尊感情、レジリエンスを向上させ、抑うつの症状を低減する効果が実証されています。

私は日々、英語を教える仕事を通じて、多くの子どもたちと接しています。

「将来使える英語力を身につけて、自分の道で活躍してほしい」という思いで始めた英語教室ですが、そこで強く感じてきたことは、「子どもたちに必要なのは、学力だけではない」ということでした。

 

英語学習で難しい局面に直面したときに、わからないからといってすぐに諦めていては、先に進めません。

そういうときに、諦めずに問題を乗り越えていく姿勢が、最終的には英語力に大きな影響を与えます。

英語に限らず、あらゆる学習で、こうした「乗り越える」「あきらめない」力をつけたお子さんが、最終的には伸びていくのです。

こうした力は、学習以外の生活面でも当然、大きなプラスの影響をもたらします。

私の教室に英語を学びに来ている子どもたちには、こうした「あきらめない」力もぜひ身につけてほしいと考えてプログラムを探していた時に、私はレジリエンス教育に出会いました。

「レジリエンス」は、実証研究に基づいて世界中でその重要性が注目を集めている非認知能力です。

現在、レジリエンス教育は、アメリカ、イギリス、オーストラリア、シンガポールなどで積極的に行われています。

日本でもその重要性が認識されつつありますが、まだ低学年からのレジリエンス教育は十分に行われていません。

今後ますます必要とされる教育であれば、なるべく早く日本の子どもたちにも伝えていきたいと考え、日本ではまだ十分に普及していない「レジリエンス教育」を実施する資格を取得して、時代に先駆けてご提供することになりました。

 

<幼児~小学生け 「『あきらめない』『乗り越える』強い心を育むレジリエンス講座」 の特徴

 

幼児~小学生向け 「『あきらめない』『乗り越える』強い心を育むレジリエンス講座」 は、一般社団法人 日本ポジティブ教育協会の顧問で、ポジティブ教育の分野における第一人者、イローナ・ボニウェル博士が開発・実証したプログラムです。

日本ポジティブ教育協会のレジリエンス教育は、内閣府による「国土強靱化に関して先導的な取組」にも選出されています。

 

本講座で使用するレジリエンス・トレーニングは、英国生まれで、ポジティブ心理学、レジリエンス研究、PTG、認知行動療法の研究に基いたプログラムです。

自己効力感、自尊感情、レジリエンスを向上させ、抑うつの症状を低減する効果が実証されています。

 

この講座では、幼児から小学生を対象としたレジリエンスキッズワークブックを使用し、子ども達が楽しんで行う事が出来るアクティビティや小道具を使って、楽しくわかりやすくレジリエンスについて学びます。

 

講座で学ぶユニットをご紹介します。

この5つのユニットを順を追って学ぶことで、無理なくレジリエンスについての理解を深め、それを日常生活ですぐに実践することができるようになります。

また、小さいころにレジリエンスを身につけると、成長してから直面するより大きな困難を乗り越えていくことができます。

 

✅レジリエンスってなに?

毎日の生活には、良い日だと感じる出来事と、嫌な日だと感じる出来事があることを知ります。

レジリエンスという言葉を覚え、それが「嫌なことがあってもあきらめない力」「元気になる力」だと理解できるようになります。

また、子どもにはなかなかわかりにくい、自分の感情に気づくことができます。

 

✅気持ちと仲良し

いろいろな気持ちがあることを理解します。

ポジティブ感情とネガティブ感情について理解し、感情についての語彙を増やすことができます。

こころと身体がつながっていることも理解できるようになります。

 

気晴らしの魔法

同じ状況でも、その状況のとらえ方で、自分の気持ちや人間関係が変わることを知ります。

ネガティブ感情への対応の仕方を身につけ、役に立つ気晴らしと役に立たない気晴らしがあることを理解できるようになります。

 

✅頭の中の声

同じ状況でも、とらえ方によって、気持ちが変わることを理解します。

感情と思考の関係性について理解し、ネガティブ感情への対応の仕方をより掘り下げて学ぶことができます。

 

✅レジリエンスの4つのパワー

レジリエンスに必要な4つのパワー「らしさ」「できる」「きずな」「大好き」について学びます。

自分と他者の強みを発見し、強みの活用法を考えることができるようになります。

能力は育てられることを知り、自分の成功体験に目を向け、困難を乗り越えてきたことを自覚できるようになります。

また、人との関係性を理解し、他者と良い人間関係を築く練習を経て、他者の助けが得られるかどうかは、普段の自分の態度や人間関係が影響することを理解できます。

 

 

 

中目黒スマイル                              
幼児~小学生向け「あきらめない」「乗り越える」強い心を育むレジリエンス講座

目黒区・子ども向け少人数制「中目黒スマイル英語教室」講師・田中彩子(保護者向けアドラー心理学講座も開催中!)さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります