こんにちは。
愛知県でアートワークやカードリーディングをしている井上亜矢子です。ご訪問ありがとうございます。



一つ前の記事で
別の世界での
家族の夢の事を書きました。



最近読んだ
こちらの本では




家族を大切に

とか

家族がいるのが当たり前



っていうのは
地球ならでは




というような事も
書いてありました





会いたい存在とか
ソウルメイト(?)のようなのは
家族という形態ではなくてもいい



という視点も
あってもいいのかな?

と、思います。





恋人や
家族
子どもに囚われると
3次元的な縛りになる



大切な存在
ソウルメイト


とかも
こだわりない視点もありつつ



それでも
自分が大切にしたいもの


選ぶといいのかな?


と。



わたしは
今の家族が大好きです。
そしてこれは
あくまでわたしの場合で


そしてこれは
わたしの中で
一番の
執着なのだと
思っています






何年か前までは
外で役立つ人でいる事


に執着してました 笑笑





いつかは
一人になる

誰しもみんな
死ぬ時は一人




その時に
色々と悟っている
自分になっていたいなぁと
思うのです。




あなたは
何に執着したいですか?


執着したくないのに
執着してるものはないですか?



したくないものに
エネルギーを注ぐのは
やめてしまおう



ちゃんと
自分と
自分の大切なものに
エネルギーを注ごう



余計なものに
エネルギーを注ぐと
枯渇して



自分と
自分の大切なものに
エネルギーが
いかなくなる




あなたは
輝く素質がないのではなく



輝く素質に
エネルギーをたくさん
注ぎきれなかっただけなんだ