誉めても、叱りつけても

どのように接したとしても

人は、それに応じた育ち方をする。

 

子を見れば、親がわかり

部下を見れば、上司がわかり

社員を見れば、社長がわかる。

 

人が勝手に一人で育つことはない。

人は育てたように、育っている。

 

自分のまわりにいる人は、自分の鏡である。

相手がそうしているのは、自分がそうしてきたから。

相手が本気にならないのは、自分が本気になっていないから。

怒らないとやらないのは、怒ってやらせてきたから。

まわりが助けてくれないのは、自分がまわりを助けてこなかったから。

部下が上司を信頼しないのは、上司が部下を信頼してこなかったから。

収入が少ないのは、価値を与えていないから。

 

つまり

得るものを変えるためには、まず与えるものを変えれば良い。

他人を変えたければ、自分を変えれば良い。

人を育てたければ、自分が育つ姿を見せることである。

 

 

言うことを聞かないこと

やる気がないこと

 

そんなことは当たり前。

 

その人ができる!

と一生あきらめない覚悟はあるか?

 

リーダーの覚悟が人間関係を変える。

 

相手を変えよう!と思う前に、

社員と一生つき合う覚悟をもとう。

社員の良いところも悪いところも受け入れる勇気を!

 

人は自分を変えようとする人なんかに会いたくない。

変わりたくなったら勝手に変わる。

 

 

私たちにできるのは、

 

自分がそこにいるだけで

周りの人がやる気になるような人になること。

 

つまり、

 

人を変えようとしなくても

自然に周囲の人が変わるような人物になるために、

必死に影で努力するんです。

 

sun1moon.com

 

LINE@で友達が10人できる日を待っています!

もっともっと本音の話をしたいから。

あと5人。

ぜひぜひご登録を☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

 

友だち追加