化学療法は脳細胞も殺す | 金剛の健康体回復法ーがん病を克服して百寿を与う!!

化学療法は脳細胞も殺す

(参照:化学療法は脳細胞も殺す~がん治療の副作用、最新調査が確認 )by Home > News > Front Line Daily

本文中記載の<乳がん患者の脳は化学療法を受けると一時的に収縮するという。>原因は、白血球のみに限らず骨髄抑制作用に因って、著しい血小板数の減少にあるのでは思われます。

脳細胞の<収縮>は、主に総体的な末梢血管が萎縮しつつ、脆弱化するものです。最終的には、脳内出血を起こすのではないかと考えられます。

また、勿論、脳細胞の<収縮>に限らず、全身の血管炎に関与し、播種性血管内凝固症候群(DIC)をも発現させるものと思われます。


 がん治療で一般的な化学療法は、患者の脳の構造を変化させ、物忘れやけいれん、視力低下、場合によっては認知症も引き起こす恐れがあることが、ロチェスター大学医学研究所(ニューヨーク市)の調査で明らかになった。

 USAトゥデイによると、調査結果は医学誌ジャーナル・オブ・バイオロジー最新号に掲載された。化学療法を受けたがん患者の80%以上は、記憶力や集中力に支障をきたすことが判明し、薬の投与量がそれほど多くない化学療法にも脳細胞を殺す作用があるという。

ロチェスター研究所のマーク・ノーブル教授は「がん治療薬はがん細胞以上に健康な細胞を損傷させる」と指摘する。

 ノーブル教授らが、ラットおよび採取した人間の細胞に一般的ながん治療薬「シスプラチン」「シタラビン」「カルムスチン」を加えたところ、がん細胞の40~80%が死滅したが、健康な脳細胞も70~100%と高い割合で死滅した。

薬の添加をやめた後も、健康な細胞の一部は数週間にわたって死滅し続けたという。

がん治療薬が、急速に増殖する細胞(がん細胞)だけでなく、神経細胞を保護して神経信号を伝達する脳細胞をも破壊することが確認されたことになる。

 別の研究からも、化学療法は脳の働きに影響を及ぼすことが判明している。

医学誌「キャンサー」1月号に掲載される調査報告書によると、
またカリフォルニア大学ロサンゼルス校が10月に発表した小規模の調査結果は、化学療法を受けた女性の前頭葉の働きに変化が起きたと報告している。