新作Phoenix jewelryに使用している

King Solomonとは、

どんなアンダラなのか?

 

 

 

久しぶりの登場ということもあり、

知らない方もいると思うので

改めて書いていきます。

 

 

 

私がKing Solomonに出会ったのは

2017年12月頃。

 

 

 

写真を見て、

一目惚れしてしまった。

 

 

 

でも、見るからにヤバそうだし、

 

 

 

歴史上最も強い魔力を

持っていたとされる

ソロモン王

の名前がついているし、

 

 

 

さらに

「破壊と再生」

テーマのアンダラだと聞いて

私も最初はビビった滝汗

 

 

 

アンダラの中で

最もパワフル

最も入手困難だから

お値段も他のアンダラとは

比べ物にならない汗

 

 

 

お迎えするまでに、1ヶ月くらい悩んだ。

 

 

 

でも、気づけば

King Solomon独特の

美しいバラのような真紅

 

力強い生命力、

史上最強のパワー

完全に魅了されてた。

 

 

 

しかも、

怖いってことは

何かがある

 

 

 

何もなかったら反応しないはず。

 

 

 

だから、決断した。

 

 

 

 

 

 

初めて実物のKing Solomonを見た時、

今まで見たアンダラの中で

最も美しいと思った。

 

 

 

で、King Solomonをお迎えした後

私がどうなったかと言うと…

 

 

 

破壊と再生

効果抜群で、

かなり辛い時期を過ごした。

(特に人間関係は強制終了のオンパレードだった)

 

 

 

そんなビッグバン級の破壊

 

 

 

 

を経た私の中での

再生を象徴する出来事は…

 

 

 

Phoenix jewelry

誕生

(↑このjewelryは下がKing Solomonです)

 

 

 

今思えば、

Phoenix jewelryも

破壊と再生そのもの

 

 

 

この記事を改めて読んでそう感じた下矢印

 

 

 

部屋に置いてるだけなのに、

King Solomon威力

あまりに凄かったから、

 

King Solomonをジュエリーにして

身につけようと決断するまでに

半年かかった滝汗汗

 

 

 

でも、身につけたおかげで

その後は嵐のように加速した。

 

〜7月〜(2018年)

・ジュエリーをつけ始める。

・初のクリスタルお話会を開催。

 

〜8月〜

・お話会で出会った方とのご縁で

 札幌での個展開催が決定。

     しかも、世界中から人が集まる雪まつり期間で

     個展の開催場所は会場の近くだった。

     普通は1年前から申し込んで抽選らしい。

・完全会員制のCLUB INFINITYをスタート。

 

〜9月〜

・新たに3つのKing Solomonを

 迎える決断をする。

・その翌日に北海道胆振東部地震が発生。

・シャスタのお話会に参加。

バシャールに会いたいという望みを

 ノートに記入。

 

〜10・11月〜

・人との出会いが急激に増える。

 

〜12月〜

・バシャールのシェア会に参加。

(バシャールに会った方が開催されていたイベントです)

・直感で個展の延期と場所の変更を決断。

・冬至は淡路島で伊弉諾神宮正式参拝。

 

〜1月〜(2019年)

・シャスタに行くことを決断。

・バシャールとの対面が決定。

 

〜2月〜

・バシャールのシェア会に参加(2回目)

・アメリカへ出発

 

〜3月〜

・バシャールと対面。

・シャスタに到着し、予期せぬ理由で

 そのまま5月まで滞在。

 

 

 

簡単に流れを書くとこんな感じ。

 

 

かなり記憶を喪失しがちな私でも

これだけ印象的なエピソードがある。

 

 

 

King Solomonを初めて手にしたのが

2018年1月。

 

 

 

その2ヶ月後の3月には

自分のオリジナルジュエリーである

Phoenix jewelryが誕生した。

 

 

 

その一年後にまさか自分が

バシャールに会ってるとは

夢にも思ってない。

 

 

 

かなりハードな1年だったけど、

変容スピードが加速したのは

揺るぎない事実。

 

 

 

もし、

King Solomonに出会っていなければ

今の私は間違いなく存在しなかった。

 

 

 

これまで、

クリスタルやジュエリーに関して

色々と語ってきた。

 

 

 

その分野に関しては

いくらでも語ることができるけど、

King Solomonに出会ってからの

私の軌跡を見てもらう方が

何よりも説得力があるのではないだろうか?

 

 

 

これは私だから起こったことではなく、

 

 

 

史上最強に美しくパワフルな

King Solomon

 

 

 

そして、

その力を受け継いだ

Phoenix jewelry

手にすれば、誰にでも可能だ。

 

 

 

ただ、注意して欲しいのは

持つだけではダメだということ。

 

 

 

King Solomonは破壊と再生を促し、

人生を根底から

覆すほどの力を持っている。

 

 

 

特に、破壊は強烈で苦痛を伴うだろう。

(破壊って浄化だからね)

 

 

 

それでも、その力を手にしたいのなら

その力を自分に活かすために

何があっても諦めず、

自分の道を進み続ける行動と

努力が求められる。

 

 

 

ソロモン王の魔力を受け継ぐに

値する在り方が求められるのだ。

 

 

 

その覚悟を試されるのが、

破壊の時期といってもいいだろう。

 

 

 

どんな魔法にも対価が必要

であることを知っているだろうか?

 

 

 

ソロモン王の強力な魔法で

変容・進化・再生する為に

必要な対価が破壊(浄化)だと

私は思っている。

 

 


上矢印この記事にも書いたけど、

アンダラのエネルギーの強さは、

色の濃さと大きさに比例する。

 

 

 

King Solomonの色の濃さを見れば

それがどれだけのエネルギーなのか

誰にでも分かると思う。

 

 

 

私の場合は、

大きなKing Solomonを迎えてしまったから、

その分対価も大きかったと考えられる。

 

 

 

その経験を踏まえて、

今回はKing Solomonのサイズを

小さくしてPhoenix jewelryにしている。

 

 

 

サイズが小さい分、

対価が少ないということは

力も弱いのではないか?

 

 

 

そう思った方は、ご安心ください。

 

 

 

Phoenix jewelryは、元々

King Solomonのエネルギーから

生まれたもの。

 

 

 

あなたの変容プロセスをスムーズにする為に必要な

クリスタルのパワー出力調整は

全てフェニックスがサポート

してくれる。

 

Phoenix jewelryは購入後、

ジュエリーの力を最大限発揮する為に

お客様ご自身でPhoenixと繋がる

「誓いのセレモニー」を行って頂いております。

 

詳しくはこの記事を読んでね⬇︎

 

 

 

Phoenix jewelryとKing Solomonの

コンビネーションは相性も申し分なく、

未だ嘗てないほど

パワフル。

 

 

 

そして、美しい。

 

 

 

King Solomonは以前よりも

入手困難になっているし、

ますます価格が高騰している。

(偽物も多いよ)

 

 

 

どのアンダラよりも個性が強く、

持ち主を選ぶ。

 

 

 

そういった理由から、

しばらく販売を休止していた。

 

 

 

しかし

秋分の日を直前に控えた今、

なぜかこのKing Solomonの力が

必要な気がしたので解禁した。

 

 

 

私の手元に残っている

King Solomonのピースは

残り5つ。

 

 

 

2連ジュエリーになる可能性もあるので

Phoenix jewelryとして販売できるのは

おそらく多くてあと3点くらい。

 

 

 

King Solomon専門店になりたいくらい

King Solomonが好きだけど、

超レア種ということもあって

今後の入荷は今のところ予定していない。

 

 

 

あなたには、

人生を変える覚悟があるだろうか?

 

 

 

もしあるならば、

King Solomonはあなたの前に

現れるかもしれない。

 

 

 

人の本当の値打ちは、

宝石でもなければ、

黄金でもない。
 

地位でもなければ、

名誉でもない。
 

ただ信念に尽きる。

 

By King Solomon

 

<ご注文はこちら>

 

 

 

Ayaka

 

 

♡特典ミニアンダラ付き♡

下矢印「聖なる女神の御札」下矢印

下矢印現在販売中のjewelryはこちら下矢印

 

下矢印LINEお友達募集中下矢印

ブログ更新やShopの新着情報が届きます♡

友だち追加

 

下矢印Ayaka's Instagram下矢印

フォローしてねドキドキ