量より質 | 猫の鳴き声

猫の鳴き声

好きな事だけ書いてみる。フィギュアスケートの羽生結弦選手を応援します。


テーマ:
ウチに届く夕刊にチラッと羽生!
んまーっ!


まだ発売もされていないのに
例のアレが!

12月4日ですよー。と、何も見なくても発売日を答えてしまうキャン中のサガ。



こちらのほうは、ガーナのモコモコセーターを使いまわしているのねー。



グレープフルーツとグレープミックス。お待ちしてます!楽しみー。





さて、先日スポーツ用品店で流れていたラジオが、とっても興味深かったので記録しておきます。
中西哲生のクロノス(TOKYO FM)
ゲストのスノーボーダー竹内智香さんのお話です。


『トレーニングに対する姿勢とメンタルについて』

私は量より質。努力とか積み重ねたものが結果につながるとは全く思っていない。
努力が絶対に結果につながるなら、全員が金メダリストになれる。
取れる者、取れない者がいるっていうのは、金メダリストは特別なことをやっているから。それはやはり質、高いクオリティの練習、メンタル。他の者がないものを、ひとつ抜きん出ているからこそ金メダルが取れると思っている。
ただ単にがむしゃらに努力を積み重ねればいいものではない。

トレーナーにこうしよう、こんなふうに修正しようと言われた時、頭の中だけでイメージを描き、感じられて、それをすぐに表現できることが1番大切だと思う。カラダを自分のイメージ通り動かせること。

2、3ヶ月競技から離れていても、2、3日雪上に戻れば、すぐに大会で戦える感覚を持てる。それは毎日頭の中でしっかりと滑ることが出来る、それを感じられる。これらが出来ている限り、そんなに雪上に立っていなくても大丈夫かなと思っている。(抜粋)



トップクラスのスポーツ選手って、似たような思考を持つのですかねー。
羽生選手も頭の中で毎日しっかりと滑っているのでしょう。








ああ、私も自分のイメージ通りにカラダを動かしたい!

今日も私の理想とするイメージとは、かけ離れたスケートであった・・・ちーん。

フィギュアスケートランキング
某選手が練習していました。近くでガン見しながらスピンをマネしてみる。
カラダはイメージ通りに動きません!




いや、その前に圧倒的な技術の差があったのでしたー。

みけねこさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス