とても大事なこと | 産業カウンセラーあや相談室/気の向くままにGoing my way♪

 

偶然見つけた「元気の学校」の動画。

本間先生のおっしゃっていることは、とてもシンプルで分かりやすい。

 

 

行き過ぎた滅菌、除菌、殺菌により、地球環境の維持のために必要不可欠な微生物を過剰に排除しすぎていることが、現代病(うつ病、発達障害、糖尿病、がん、アレルギーなど)が急増している原因の根本にあるという話は、とても納得ができましたひらめき電球

私が子供の頃は、これらの病は今より全然少なかったもん。昭和の子供たちは体を丈夫にしていく生活をしていた(させられていた)から。


 

他人軸で生きると心身共に病むことを再認識できました。

<自分軸対策の効果>
免疫獲得で感染症に強くなる。

困難を乗り越える力がつく。

 

自分軸で生きながら、自分の力を上げていくことが重要。

自分の力で乗り越えていくことが、人間として成長していくこと、自信になる☘

 

自分の人生の主役(主語)は常に自分である自覚(責任)を持つことですね筋肉

他人軸の生き方は自分が持つ力を信じていないことになります。

 

自分軸の生き方は心身の健康のためだけでなく、子育てにおいてもとても重要なことだという深~いお話でした気づき

 

 

 

対人関係においても、自分軸対策はとても大事です気づき

 

自分軸がある人は、他人の意見に振り回されずに「自分がどうしたいか、どうありたいのか」を基準に行動する人のこと。アサーションの高い人のことですね。

*アサーションは、自己主張はしっかりとするものの、相手の主張の尊重し、相手のことを傷つけないコミュニケーションスキルのことです。


ちなみに、自分軸のある人=自己中心的な人ではありません。

自己中の人は、自分の意見を最優先に考えており、他人がそれを好ましく思っていなかったとしても無理に押し通したりしてしまいます。こちらはアンガーマネージメントが出来ない人むかっに多いですね。
 

 

私のすぐそばに、THE自分軸がいます筋肉

きもっちですダンベル←免疫力めちゃくちゃ高そうです(笑)

 

もちろん、彼は今週から早速ノーマスクで外出し、昨日は駅のホームでケンカしていたサラリーマンの仲裁に入りご満悦でした。

痴漢に遭っている女の子を助けたくて常に戦闘態勢でいるのに、なかなか遭遇できない・・・と嘆くきもっち汗

遭遇せんでええって!!

 

ノーマスクぶりも、ケンカの仲裁ぶりも、自分軸の生き方そのもの。

我が子ながら尊敬しますキラキラ

 

他人軸で生きることが当たり前になりすぎている人ってたくさんいると思います。

自分軸で生きようとすると必ず罪悪感が出てくる…。


「私はどうなんだろううーん?」と思われた方はカウンセリングでご相談・ご質問ください気づき