目的の達成を目指すためにご相談にいらした方には、コーチングを使ったカウンセリングをしたりします。コーチングで言う「質問」には、過去質問未来質問があります。

 

過去質問は、過去(失敗)にこだわり、原因を追及する、いわゆる「犯人捜し」のための質問です。

「どうしてやらないの?」「なぜできなかったの?」等々。

この質問をされた人は、一生懸命にその理由(言い訳)を考えるしかありません。
過去質問は、「できなかった理由(WHY)」に焦点を当てるため、否定質問とも言われています。

但し、過去に成功体験を持っている人ならば、この質問が効果的な質問となることもあります!!

 

未来質問は、これからの先の未来についての質問です。

「何ならできるか」「いつからできるか」「何があればできるか」「この経験から何を学べたのか」「この経験はどんなことを教えてくれたのか」「この経験をどんな風に活かしていけそうか」等々。

この質問をされた人は、過去の失敗(目的を果たせなかった経験)から得た何が、未来(成功)への可能性(引出し)となるかを考えます。

未来質問は、自分や相手の持つ能力「何ができるのか(WHAT)」を最大限に引き出すことを目的としているので、肯定質問とも言われていています。
事実関係を把握するためには過去質問も必要ですが、それはあくまでも次にする未来質問のためのものです。

 

私も、バイクの教習所を退校した後の自分に、様々な未来質問を投げかけました。

「バイクの教習所に通った日々や中退したことから何を学び、気づき、得られたか」「今後、それらをどう活かしていけそうか」等々。

未来質問をしたのは、自分で決めたことに言い訳も自責もしたくなかったからです。

途中で諦めたり、辞めたときって、ついつい過去質問をしてしまいがちですからネ汗

 

皆さんも未来質問を活用して、ぜひご自分や周りの人たちのドリームサポーターになってあげてくださいウインクラブラブ