3ヶ月ぶりにカウンセリングにいらしてくださった育児中のTさんふたば

前回のカウンセリング後、ご自身に合った食生活を心掛け、気持ちが安定し、過食もほとんどしなくなったとのことグッド!

ところが、夏はイベントが多く、心身共に疲れが溜まったのでしょう。せっかく安定していた食生活も不安定に、乱れたままで・・・と落ち込まれていました。

 

この時期に1番多いご相談です。

 

みなさん、なんで過食しちゃうんだろう汗っておっしゃいますが、気疲れが原因だと思います、多分。

気が疲れることが重なったのでしょう。

気が疲れたときに、『過食すれば→何もしたくなくなる→よく眠れる→疲れが取れる』というサイクルを体が良く分かっていて、気が疲れたなら過食しよう!という習慣ができあがっているのです。

 

「イベントはどれも楽しかったのに・・・」とおっしゃるTさん。楽しかったのはとても良いことですが、楽しくても気疲れはしますものねため息 

 

そんなTさん、お子さんが生まれる迄は、ひとりでカフェに行って読書したり日記を書いたり、予定の整理をしたりして、ゆったり過ごすのが唯一の楽しみだったそうです照れ

 

今は、赤ちゃんと一緒に楽しく遊びながら学べる、週1回の赤ちゃん教室が唯一の楽しみとのこと。

あとは、「(リラックス目的重視の)ヨガ教室」も行くととてもリラックスできるそうですはぁとv

唯一の楽しみは、大切な癒やしの時間であり、ご褒美にもなりますキラキラこういう時間があると、心にも余裕が出て来ますし、視野も広がります。

 

ところが、「唯一」と言うくらいですから、その楽しみを失ってしまうと、息抜きができないまま疲れやストレスがたまっていきます。当然視野も狭まり、思考も柔軟性がなくなります汗

 

「これさえなければ!」と悪者にされている「過食」が、唯一の楽しみ、唯一の癒やし、唯一の息抜き、唯一のストレス解消法になっていることもあります。

 

「そういえば、○○をしていた時はリラックスしていたなぁ~」と思うことがあれば、是非やってみてほしいと思います。息抜きの場を増やしていくことで、自ずと過食は減っていきますふたば

Tさんの場合は、「ひとりでゆったりカフェ」や「ヨガ教室」ですねにやりはーと。

 

育児中ですから、お子さんを誰かに預けないとできませんが、本来子どもはみんなで育てるもの。

ママだけ自由がないなんておかしいですよね。頼れる人に感謝し、育児が落ち着いてから恩返しすればいいと思いますはぁとv