アルバイト

テーマ:

大学生の次男が近所のイタリアンのお店で働き出しました音譜

生まれて初めてのアルバイト。ちゃんとやれているのかちょっぴり心配。

 

バイト初日、帰宅して早々「無理!オレにはできない!足痛い!」と言っていましたが、あれから1ヶ月が経ち、少しずつ慣れてきたようです。慣れるまでが大変なんですよね~

 

ただ、未だにバイトに行く前は必ずうだうだ言ってますため息

「バイト行きたくねぇー」「バイトつれー」「バイト休みてぇー」って。

で、急に黙ったと思ったら、大人しくバイトに行きます(笑)。

 

「なんだかんだ言っても、さぼらずに続けていて偉いじゃん!」と褒めたら、「当たり前だろ?さぼったら人として終わりじゃん」と返ってきました。

 

そうだよね・・・。

実は、母は人として終わったことが何度かあります汗

過食が酷くて、バイトにどうしても行けずにドタキャン、そのままドロン風ほんとサイテーです泣そんな無責任な自分が大嫌いでした。

 

だから、本気で考えました。「どうしたらドタキャンせずに働けるか」って。

その結果、「過食しても、太っても、落ち込んでも、そんな自分でも行ける、できるバイト(シフト)をするしかない休め」と決心しました。

 

調子の良い自分で行ける、できるバイトを始めても、調子が悪くなったら続けられない汗

でも、調子の悪い自分で続けられるバイトならずっと続けられる・・・というか、続けるしかないでしょ!!と思いました。

 

「調子が悪い自分でも続けられるか?」だけを考えてバイトを探しました。そうして見つけたバイトは頑張って続けるコトができましたグッド!

 

ダメな自分でも続けられることがある!そう思うと、「やればできるじゃんニコ」というささやかな自信が持てるようになりました桜**

 

次男は、私から見れば「もっと頑張ればいいのに・・・」と思う生活をしています。でも、これがいわゆる「ふつう」なんだろうなーって思います。「ふつう」とは無理をしないことふたば

 

あなたは、自分の「ふつう」を知っていますか?