ダル重なこの時期、

テーマ:

梅雨の時期は、朝から心も体もダル重~現代編カーソルあせる

体や心がなんとなくだるくて重く感じますため息

 

これらの原因は、体内で余分な水分を回収する血液やリンパ液の流れが悪くなることデス。

血液やリンパ液の流れを悪くするのは、運動不足、デスクワークなどで同じ体制で長時間大きな動きがないこと、冷房や冷たい飲食による体の冷えがあります。

 

運動不足と言えば、私の唯一の運動である愛犬との散歩は天気の良い日しかしません。梅雨時は散歩ができず、愛犬がかわいそうで、ストレスが溜まります汗

雨天を除いて毎日ジョギングしている走る人DASH!なんて方は、梅雨時はダル重感がより一層強くなりそうですねため息

 

これ以外にも、塩分の摂り過ぎポテチ(体内の塩分濃度を一定に保つために、水分を多く溜め込もうとするから)や、飲酒ビール(アルコールの利尿作用などにより、脱水状態になった体がより多くの水分を求めるため)などがあります。

 

要するに、むくみの原因は普段の生活のあちこちに転がっているのだーー!

ベル心当たりのないむくみが続くようでしたら、内臓疾患かもしれないので、早めの医療機関の受診をお勧めします。

 

ダル重対策には、なるべく常温以上のモノを食べる=冷たいモノはなるべく控える。なるべく塩分も控えめに。体を冷やさぬよう羽織るものを常備しておく。カイロの常備もお勧めですカイロ

デスクワークの方はコンスタントに席を立って体を軽く動かしたり回したりする。

お酒はお水と交互に少しずつ飲むと二日酔い対策にもなりますほっこりおつまみもなにげに塩分チェックチェック

 

摂食障害に悩む方(栄養不足、下剤、嘔吐)もむくみやすいので、その場合は、カリウムやビタミンC 、クエン酸などを食事やサプリメントで補うといいですよんレモン

 

ここに書いたコトって、むくみだけじゃなく、心と体の健康にも良いことばかりはぁとv

上記の「ダル重対策」を、ご自身の生活にとりあえず、なんとなく取り入れて過ごしてみてほしいと思います。

心や体に良いことを心掛けることは、今の自分を大切にしていることにつながるので、「自分を大切にするやり方が分からない汗」なんて方にもお勧めですほっこり

 

なるべく、なにげに、なんとなく。

3つの「な」で、体や心に良いことも、ゆるく長く続けられるといいなと思いますふたば