放っておけ。

テーマ:

主人がおもむろに角材を削り出しました。

 

 

もうかれこれ5時間くらい、休まずに黙々と削っています。

犬だビックリマークすごーい!!

素人とは思えないクオリティーの高さですキラキラ

 

更にびっくりしたのは、彼が木を彫るのは今日が初めてだということひらめき電球

 

「俺って天才かも~アップ」と自画自賛の主人。

いやいや、本当にそうかもよ。

初めてなのに、何も見ずに、誰が見ても犬だと分かるものを作れるってふつうじゃないよ。それ、間違いなく特性だよ。

 

木を削りながら、主人が話し出しました。

 

「俺さぁ、高校卒業してから自分の好きなことだけやってきたの。合わないなーって思ったらさっさと辞めて、次にしたいことをやり始めて。

でもさ、おやじはただの一度も俺のやっていることに口を挟んでこなかったんだよね。黙って見守ってくれてたんだなって今になって思うわけ。親って、そういうもんだろ。

次男のことも放っておけ。じゃないと、あいつはいつまで経っても、自分のしたいことが見つけられないし分からないよ」

 

私、「お義母さんはどうしてたの?」

 

主人、「おふくろ?うーん、そういえば、ぎゃぁぎゃぁ言ってたかも。

何言ってんのかよく分からなかったから放っておいた」

 

私、「・・・汗

母親って寂しい生き物ですね(苦笑) 男の子は特にそうですよね^^;

 

男親はさぁ、「放っておけ」って簡単に言うけどさぁ。言えるけどさぁ。

女親はそうはいかないですよねーーーー!!

って、思うのは私だけでしょうか。

 

何はともあれ、大分「ま、いっか」と思えるようになってきました。

ご静聴ありがとうございました(笑)

AD