生理痛を侮るなかれ

テーマ:

生理のたびに、日常生活に支障を来すほど生理痛、腰痛、排便痛、性交痛が酷くなるのを「月経困難症」と言います。

月経困難症の人は、子宮内膜症のリスクがとても高くなると言われています。

 

この子宮内膜症、クライアントの方にも多く、みなさん、生理痛が酷くて受診して発覚したという方ばかりです。

 

生理痛で病院に行くのは全然、全然大げさなことではありません。

生理痛を頭痛薬などでごまかして我慢している方は、早めの婦人科の受診をお勧めします。

 

クリックここをクリッククリック

女性の健康推進室

女性の健康推進室 Wellness Labo ウェルネスラボ

には、女性の病気のチェックシートがありますので、気になる症状がある方はぜひチェックしてみてくださいはぁとv

 

ひらめき電球子宮内膜症

子宮内膜と同じ組織が、本来あるべき子宮の内側以外の場所に発生し、生理のたびに出血や炎症、癒着を起こす病気です。放置しておけば、生理痛は更に悪化、不妊の可能性が高まり、子宮・卵巣がんのリスクも高まります。

 

AD