栗ご飯

テーマ:

私と主人の毎秋恒例の共同作業ハート2こ

それは、栗ご飯に入れる「栗の皮むき」です栗

 

いつもデパ地下で美味しい栗を買ってくるのですが、今年は埼玉県所沢市のぶどうと栗の観光農園、田中農園さんで、栗を拾うところから頑張ってみました音譜

 

木を揺らしてイガ栗をわざと私の頭上を狙って落とす主人むかっ

それをうまくかわし、イガ栗の中に入っている栗をトングで採る私トング

 

1粒1粒がぷっくり大きく、拾う度にテンションが上がりますアップ

 

その後、ぶどう園で熟したブドウぶどうも採ったらさっさと帰宅風

 

まだ一仕事残っているからねあせる

 

軽く茹でた栗の皮と渋皮を丁寧に剥いていくのですが、会話をしたり気を緩めると、指を切ってしまいそうになるので、二人で黙々と作業を続けます。

 

毎年、私は10粒(いや、5粒かな?)くらい皮を剥いた頃から手が痛くなってきて集中力が途切れます汗(飽きたってことですねやっちゃったー

そのあとは主人1人に任せちゃいます。

彼はこういう単純作業が全然苦じゃないそうです。むしろ楽しそう音譜

こんなとき、性格の違いが出ますね(笑)

 

そして出来上がった栗ご飯がこちらでーすコレ

 

 

息子から、「これ、栗多すぎでしょーーーあせる」と呆れられ・・・←これも毎年恒例のコメント(笑)

 

「来年の秋まで栗はもう見たくも食べたくもないため息」と思うと同時に、

「来年もまたみんなで栗ご飯を食べようねしあわせ」と願う長谷川家一同でした栗

 

AD