客演、そしていよいよ。

テーマ:
春に引き続き、夏もメンバーが客演させていただきました。


黒崎、蒼谷にお声掛けいただき、ありがとうございました!

お世話になりました団体様、主宰様、ありがとうございました!

ご一緒させていただきました役者の皆さん、ありがとうございました!

そしてご観劇くださいました皆様、ありがとうございました!

そして、いよいよAsHの12月公演も始動いたします。

メンバー一同、この半年で培ったものをすべて出し切れるよう、気合い入れて臨みたいと思います!

特別公演『水沫』と其ノ拾参『紫雲』。

『白煉』から続く、源氏と平家の物語。

義朝と清盛の想いを受け継ぐ子・義経の一生を描きます。

一作品ずつ観ても楽しめる、二作品続けて観ればさらに楽しめる、そして『白煉』から観ていればもっと楽しめる。

そんな作品をお届けできますように。




最近よく見る。

テーマ:
お知り合いの団体さんや主宰さんが「メンバーほしいー!!」って叫んでいらっしゃるTweet!!

まあ、ご多聞にもれず、うちもそうなのですが(笑)。

どこの団体さんもやはり人手不足…というか、同じ志を持って活動できる人がいないんだろうな。

団体に入るってことは、その団体の名を背負うということで、やはり同じ感性、志、目標を持つ人とでないとやっていけないわけです。

団体を大きくするために、厳しいことも言うし、言いづらいことも言わなきゃいけない。
叱られて、言われたくないことも聞かなきゃいけない。

でもそれができるのは信頼関係があるからこそ。

皆、決して誰でもいいわけじゃない。
烏合の集でいいわけじゃない。

同じところに立ち、同じところを見て、同じ速さで進んでいける人。

名を背負って、支え合い、励まし合い、共に戦ってくれる人。

良いところも、悪いところも受け入れて、信頼しあえる人。

皆、そういうメンバーがほしいんだよね、きっと。

うちもそう。

共に戦える侍がもっともっとほしい、切実に。

なぜかアメブロさんが、「3年前に書いたブログです」ってポップアップしてくれたので、思わずリブログ。

2018年、2019年のことを見てた自分。

忘れてた。

常に“3年先”を考えて活動することを。

2021年、2022年を考えねば。

そこに到達する道筋を描かねば。

実現するために何をすればいいのか、何をしていくのか。

目先のことにくよくよするな、自分。



自分的観劇ルール。

テーマ:
おイモの美味しい季節です🍠


冬公演の稽古中はよく焼きイモを食べるので、「また焼き芋ですか?!」とよく言われる灰衣堂さんです🍠

さて、そんなイモ娘にも自分的観劇ルールがあるのです。

必ず下手側に座るとか、開演15分前に入るとか、差し入れは小さいものとか。

あとは、
面白くても、そうでなくてもSNSで感想はあげない!

正直な話、観た舞台すべてが面白いわけでわないので😅

でも、私がイマイチだなと思っても、それを面白いと感じる人もいるし、団体は面白いとおもって作ってるわけだし。

もちろん、逆も然り。

だから、私の主観で軽々しく発信したくない。

それから、
ダメ出しを求められてもしない!

これは絶対。

たまに感想ではなくて、ダメ出しを求めらることがあるんですよ、なぜか。

役者にも演出家にも。

役者の場合、その団体の演出家さんが指導して、OKを出して、本番を迎えてるわけで。

その言動は、そこの演出家さんに対して失礼だし、求めに応じて答えるのもとても失礼だと思うから。

うちでもたまにいるわけですよ。
役者が自分から求めたのか、相手から言ってきたのかはわからないけど、何か言われて明らかにテンション落ちてる人。

で、次の芝居に影響する人。

演出家の場合、いいと思って付けて、完璧な出し物としてお客さんに見せているはずのものにダメ出しは必要ないのでは。

役者にしても、演出家にしても、こちらが答えたものを次の回から反映するわけではないんだから、そんな愚問する必要がないよね。

役者は、そこの演出家から言われたことを信じてついていけば良いの。

演出家も自分の思い描き、作った世界を信じればいいの。

千穐楽後なら感想もダメ出しもいくらでも言います(笑)。

メンバーは客演後にダメ出しを聞きに来るぐらいになってほしいとも思います。

あれ、なんか自分的ルールじゃなくて、こだわり?になってる気もするけど😅





結局のところ。

テーマ:
女は「言ってくれなきゃわからないっ」て種類。

男は「言わなくてもわかれっ」て種類。

って言われる(言われてた?)けど。

これってやはり男女関係においてだけだろうなとつくづく思う。

仕事に関しては真逆だと。

全ての人に当てはまるわけではないけど。

女は「言われなくても」わかるし、動く。

男は「言われないと」わからないし、動かない。
「言ってくれなきゃわからない」ってよく言う。

「言ってくれたらやる」じゃ遅いんだよ。

言う間に自分でやったほうが早いからね。

けっきょくのところ、社会で(お芝居でもそう)大成するのは、「言われなくても」わかって、察して動ける男。

ちなみに女がそれをできても「当たり前」、できない女は低く見られる。

理不尽。