以前、義母が『デイサービスに行こうかな』と言っていたので、社会福祉協議会へ行きました。

また私自身も 誰かに義母の色々な事を聞いてもらわないと、一人で抱え込むのは限界でした。

事前に電話で約束した日時に伺い、ケアマネージャーと現在の様子や家族構成など話ました。『今日にでも伺いますよ。』とおっしゃってくださいましたが、一旦義父にも話したいので後日にと約束しました。
介護認定やサービスのパンフレットをいただき帰宅しました。

パンフレットを義父に渡して説明し、義母にはまだ内緒にしておこう!と決めたのに……

義父は義母に『これ読んで』と渡してしまいました。更に『介護認定したらトイレの手すりとか安くつけられる』と言ったのです。

それを聞いた義母は怒りだし『私を利用する気か。介護じゃなくても手すりくらい金出す!』と義父に言いました。
アルツハイマーになる前は、義父に口ごたえなどしなかったのですが……。

その後は『工事の人や役所の人が来たら、私がボケたと皆に言われる!』『お父さん(義父)は私を利用しようとしている。』等々と毎日私に愚痴を言い、被害妄想と興奮状態が続きました。

こうなるとケアマネージャーが訪問してくれる日はどうなるのかと不安しかありませんでした。