我が家の不登校、次男。小5。


まだら登校から、不登校に戻りました真顔



母は、

しんどい時はムリをしなくて良いと思いますが、



困った事に


本人が、ムリをしようとする



『行かない』、


が、


『行けない』になるからチーン




まだら登校でも、


顔を出していると登校に抵抗感がなくなるようです。




しかし、子供の1週間は長いらしく、


1週間でも休むと、もう行きにくくなるびっくり




気にしないは、出来ないチーン




なので、必死で行こうとします💦




今朝も、


無駄に早起きをし、すごいハイテンションに
なり、




登校時間が近付くに連れて


『お腹が痛い』と言い出し、




行きだおれ💧寝る。

早起きしたけど、寝てる。


まだエネルギー不足なのです。



次男のこの行動には、理由がある。




実は、


不登校児は、

週1回の支援教室、対象外ガーン




我が家が住んでいる市には、
各学校に情緒教室が設置されています。



週1回、2時間の指導。



教室にいるのがしんどい子どもには、
大切な場所💦




登校するのであれば、
次男にも、絶対に必要な場所です。




けれど、ここにも待機児童がいるそうで、



支援級は、



登校しているけれど、
苦しい子のための教室。



なので、


来ない子の為に、

枠を確保しておくわけには
いかない笑い泣き




その事を、つい先日知りましたポーン




しかも次男、不登校が続いていたので、


『もう退級させよう』と、先生方の間で話がまとまっていたそうですびっくり



しかし、

運のいい次男ニヤニヤ



そんな事は全く知らず、


実は退級の話しがまとまっていたという
次の週から、



いきなり登校を始めたびっくり




先生方、ビックリΣ(゜Д゜)



とりあえず退級の話はいったん白紙に戻ったそうです滝汗 




危なかった😓




しかし、
前回すでにそういう話が出ているので、



今回また不登校が続いたら、



即、退級の話が持ち上がるな


旦那と母は、そう思っています真顔




支援級がなくなると、


次男にとって『学校』のハードルはますます上がる、、、。



なので、次男も焦ってしまうのです笑い泣き




学校がそんなに負担なら、

体調壊してまで行かなくてもいいのよと思う母ですが、



真面目で、『人と違う自分』をまだ受け入れられない次男は、


『苦しいけど、行きたい』のだそうですショボーン



困ったね💧